葛の花がお腹の脂肪を減らす!葛の花でダイエットできる理由や葛の花イソフラボンの効果

2017/01/20 11:09

100915_MG_0412

日々、美容や健康・ダイエットに効果のある成分が研究され、発表されていますが今注目を浴びているのが「葛の花」なんです。
なんと、お腹の脂肪を減らす効果があることがわかったのだとか…!?
葛の花のどんな成分にダイエット効果があるの?どのように葛の花を摂取すればいいの?ダイエット成分「葛の花」について詳しくご紹介していきます!

目次
注目のダイエット効果のある成分が葛の花から見つかった!?
そもそも、葛とは?葛の花の前に知っておこう!
葛の花から見つかったダイエット効果のある成分、葛の花イソフラボン
葛の花イソフラボンはどのように脂肪を減らす?葛の花の効果を詳しく紹介!
葛の花イソフラボンは脂肪を減らす効果があることが研究でわかった
葛の花イソフラボンの中のサポニンが脂肪をどんどん分解!めらめら燃やす!
葛の花イソフラボンが更なる脂肪の合成を抑制してくれる
葛の花イソフラボンでお腹まわり-35cm!?脂肪が大幅に減ったという研究結果がある
葛の花の効果でダイエットしよう!脂肪がみるみる減っていくかも

注目のダイエット効果のある成分が葛の花から見つかった!?

shutterstock_81271483

酵素やココナッツオイル、最近だともち麦など、ダイエットには流行りというものがありますが、
今注目されているのが「葛の花」なんです。

葛といえば、日本でも古くから親しまれている植物ですが、なんとその花がダイエット効果があることがわかっているんです。
しかも、直接的におなかの脂肪を減らしてくれるのだとか…!?

今回は、そんな葛の花のダイエットパワーや、脂肪を減らす効果がある葛の花イソフラボンという成分、
また、そんな葛の花の成分をダイエットに役立てる方法など、まるごと「葛の花」の効果や魅力をお伝えしていきます!

そもそも、葛とは?葛の花の前に知っておこう!

ダイエット効果のあることがわかった「葛の花」ですが、そもそも葛って?という方のために簡単に紹介してみましょう。

large

名称 葛
学名  Pueraria lobata
開花時期は、 8/15 ~ 9/末頃 
・日本の広い範囲で見られる。花は赤紫色
・秋の七草の一つ。
・まわりの木々をつるでおおってしまう程の生命力。ひと夏で10m以上成長することも・つるはカゴに編まれるなど、工芸品としても使われてきた
根には多量のでんぷんを含んでいて、葛根(かっこん(解熱の漢方薬)として利用される。風邪の初期症状で飲まれる葛根湯はこれ。
根から葛粉もとれる…葛餅(くずもち)葛きりなどとして食用されてきた

f398999fafab7d6aba8a012c00ca174b

こう見ると、葛って意外とわたしたちの生活のそばにあったんだなという気がしませんか?
風邪の初期症状に!とCMでやっている漢方の葛根湯は、葛の根が原料ですし、
同じでく葛の根のでんぷん質は和菓子を固めたり、とろみをつけるときに葛粉としても使われています。

本物の葛粉でできたくず餅って、口当たりがよく上品で本当においしいんですよね♪
つるは工芸品、根は食用に漢方に…と昔から愛されてきた葛。

img_8

その花は可憐で人々の目を楽しませて和歌などにも詠まれています。
しかし、この葛。花は「きれいなだけ」じゃなかったんです!

葛の花から見つかったダイエット効果のある成分、葛の花イソフラボン

images

私たちの生活に根付く「葛」。そして、その葛に咲く赤紫色のキレイな花…
そんな、葛の花から、有効成分である「葛の花イソフラボン」が見つかりました。

イソフラボンといえば、大豆に含まれて「豆乳はイソフラボンが豊富!」などと聞きますが…
大豆イソフラボンと、葛の花イソフラボンはまた違うものなのだとか。

なんと、葛の花イソフラボンには脂肪を減らすような効果が認められているんです!

葛の花イソフラボンはどのように脂肪を減らす?葛の花の効果を詳しく紹介!

images

まず、葛の花から抽出したエキスの主成分として7種類のイソフラボンと3種類のサポニンが含まれていることがわかりました。
イソフラボンとは活性酸素など体にとって害になるものを除去する作用で知られる植物ポリフェノールの一グループで、マメ科の植物に多く含まれています。大豆イソフラボンが想像しやすいですね。

イソフラボンは女性ホルモンを補うほか代謝をアップしてダイエットを促す作用も持っています。
7種類ものイソフラボンが含まれている葛の花エキスが、高いダイエット効果を持っているというのにも頷けますね!

595-1

また、サポニンは水と油の両方に溶ける性質を持ち、血管壁についたコレステロールを除去したり、血液中の脂質を減らしたりする作用を持つことがわかっています。
葛の花に含まれるサポニンは、肥満だけでなく、動脈硬化の予防やアンチエイジング、コレステロールの抑制、血行促進など、健康面でさまざまなよい働きをする成分なんですね!

葛の花イソフラボンは脂肪を減らす効果があることが研究でわかった

39e62e4ec61e8b29cebaa7ec1f6b713a

では、そんな葛の花の成分がどのように体に働きかけ、脂肪を減らすと言われているのかを見ていきましょう。

ある研究結果ですが、マウスの脂肪細胞に葛の花の有効成分を加え、遊離グリセロールという脂肪が分解されてできる物質の量を測ってみたところ、
葛の花を添加しなかった場合に比べて、5倍以上の脂肪分解作用が確認されたというのです。

pct_4-1

さらに別の実験では、ラットの褐色脂肪細胞に葛の花の有効成分を添加したところ、添加しなかった場合に比べて
脂肪分解作用が高い値を示したほか、脂肪細胞自体が小さくなったことがわかりました。

どうしてこのように、脂肪が減るような効果が得られたのか簡単に説明してみましょう。

葛の花イソフラボンの中のサポニンが脂肪をどんどん分解!めらめら燃やす!

i11

葛の花イソフラボンの中にはサポニンと呼ばれる栄養素が3種類含まれています。

実はこのサポニンがすでに身体に蓄積している内臓脂肪や皮下脂肪なを徹底的に分解してエネルギーへと変換しながら燃焼させるという働きをもっていることがわかりました。

image-kouka02

脂肪を燃やすにはまず燃やしやすい状態へと分解して行く必要があるのですが、
葛の花イソフラボンに含まれるサポニンによって、脂肪の分解と燃焼を両方補うことができるのでその他の燃焼成分などよりも早く効率的に脂肪を減らすという結果に結びつくのです。

葛の花イソフラボンが更なる脂肪の合成を抑制してくれる

shibo1-thumbnail2

葛の花イソフラボンの中に含まれるとされる7種類のイソフラボンには、
身体に更に脂肪が溜まってしまうリスクを排除していく効果が期待できるのだそうです。

確かに今すでに蓄積してしまっている内臓脂肪や皮下脂肪を落とすということも痩せるためには欠かす事ができないのですが、
今後の食生活などの内容によっては新しくまたさらに内臓脂肪や皮下脂肪が合成されて溜ってしまうリスクは常にあります。
今ついている脂肪が燃焼されて落ちてもまた新しく脂肪が溜ってしまうようでは、結局プラマイゼロで痩せられませんよね…

kuzunohana004

葛の花イソフラボンの中に含まれる7種類のイソフラボンの働きによって、食事内容などで新しく合成されるであろう脂肪も徹底的に排除して脂肪蓄積を抑制することが可能になります。
「脂肪を分解して燃やす」「脂肪の蓄積を予防する」。その両方の効果が葛の花イソフラボンにあることがわかったんです。

葛の花イソフラボンでお腹まわり-35cm!?脂肪が大幅に減ったという研究結果がある

main03

実際に葛の花イソフラボンを摂取することによってどれほどの効果があるのかという件についてはすでに万全の体制で研究が進められています。

20歳以上65歳未満の男性と女性合わせて59人の、BMI(肥満指数)24以上で、胴囲が男性で85センチ以上、女性で90センチ以上の人を4つのグループに分けて、
それぞれ葛の花のエキスを一日300mg、200mg、100mg、別の食品をとってもらいました。
摂取前と摂取後4週間後と8週間後にBMIを測定したところ、300mgを摂取したグループでは4週間後にはっきりとした低下が認められ、ほかのグループでも低下傾向を確認することができたそうです。

pct_5-1

また300mgのグループではCTスキャンの解析から、全体脂肪面積と皮下脂肪面積が減っているのを確認でき、内臓脂肪面積にも減少傾向が見られたのだとか…

pct_5-2

つまり、葛の花の有効成分で本当におなかの脂肪が減っているということ!

また、健康体ではあるもの肥満気味な男女97名によって、葛の花の効果で12週間でどの程度お腹の脂肪が落ちるのかその面積を計測するという試験が行われました。

408cf952e9abf430a37e204bde7d1323_s

その結果としては4週間で約10cm、8週間で13cm、12週間で35cmもお腹の脂肪の断面積が減少したという結果が平均値で出されました。
1ヶ月で10cmもウェストサイズが落ちるだけでも十分な結果ですが、とくに3ヶ月経過した後に35cm落ちているという結果はとんでもない効果ですよね…

すべて同一条件下における公平な試験の結果で、このように葛の花の有効成分による脂肪の減少が認められているんです!
これは、葛の花のダイエット効果を認めないわけにはいきませんよね。

葛の花の効果でダイエットしよう!脂肪がみるみる減っていくかも

スクリーンショット-2016-11-27-18.06.06-514x600

今回は、注目のダイエット成分「葛の花」の効果やダイエットできる理由などについてご紹介しました。
そんな有効成分、葛の花イソフラボンが含まれたサプリがようやく出始めたのですが、なんといっても有効成分を規定量配合し、コスパもいい「シボヘール」がオススメです。

シボヘールは機能性表示食品で、研究結果で実際に効果が認められた葛の花イソフラボンメインの注目のサプリです。
葛の花イソフラボンでダイエットしてみたいという方は是非、シボヘールを試してみてはいかがでしょうか?

この記事をSNSでシェア

コメントする

人気記事