太もも痩せにつながる!股関節ほぐし&ストレッチをして太もも痩せを成功させる

2016/07/27 11:31

10904

前回の太もも痩せ記事、股関節をほぐすと太もも痩せできる!股関節と太もも痩せの関係と太もも痩せ対策 では、股関節と太もも痩せの関係性や、股関節が硬くなったり歪んだりしてしまう原因などについてご紹介しました。
今回は、股関節をほぐして太もも痩せにつなげていくための具体的な方法をご紹介していきますので、是非試してみて下さいね!

目次
太もも痩せのために股関節を柔らかく保とう!
股関節をほぐして可動域を広げて太もも痩せしよう!
股関節を閉じて大転子を引っ込めて太もも痩せ!
股関節まわりの筋肉を鍛えて太もも痩せ!
太もももおしりも小さくなる!股関節まわりのトレーニング
股関節まわりの筋肉を効率的に鍛える「トルネ8」がオススメ
股関節のケアをしてらくらく太もも痩せ!

太もも痩せのために股関節を柔らかく保とう!

2952509_1b

太もも痩せしたい!というのは、多くの女性が思い焦がれていることですよね。
太もも痩せのためにエクササイズやマッサージ、ストレッチをしたり…。

しかし、前回の記事でご紹介したように、股関節の可動域が狭く開きっぱなしになってしまっていると、太ももやふくらはぎに変な力が加わって必要以上に筋肉がつき太もも痩せはできないんです。
太ももの前や、外側ばかり張っているという人は、股関節の可動域が狭い・硬くなっている・開いている可能性が高いですね。

バレリーナやフィギュアスケート選手、新体操の選手など、股関節を柔らかく保つ必要のある人たちって、ことごとく美しい脚をしています。やはり、美しい下半身、太もも痩せのカギは「股関節」にあったのです!

今回は、太もも痩せを邪魔する原因である「股関節の可動域が狭い」「股関節が開いている」「股関節まわりの筋肉が弱い」というような問題を解決していくため、太もも痩せに繋がる股関節のストレッチや、エクササイズなどをご紹介していきます。

柔らかく、正常な股関節になることによって、自然と太もも痩せできるはずなので自分にできることから、太もも痩せのための股関節ケアをはじめましょう。

股関節をほぐして可動域を広げて太もも痩せしよう!

13-03-01

まずは、股関節をほぐして、可動域を広げて太もも痩せにつなげていきましょう。
股関節まわりには大小あわせて23もの筋肉がついており、本来前後左右上下と自由に動かせるものです。
しかし、普段股関節をきちんと使えていなかったり、使っている筋肉に偏りがあるとこの可動域が狭まり、まわりの筋肉が正しく使えなくなります。

こうなると、太ももの前に余計な力が加わって筋肉太りしたり、股関節周辺の血行やリンパの流れが悪くなって太もものむくみ・セルライトの原因になるなど太もも痩せにとってよくないことがたくさん!
まずは、股関節まわりの筋肉をほぐして柔らかくして、股関節の可動域を広げていきましょう。

筋肉太り解消・むくみ解消効果で、太もも痩せに繋がります。

股関節を柔らかくする太もも痩せストレッチ1

ストレッチをする女の子

あぐらのような体勢でできる簡単な股関節を柔らかくするストレッチをしましょう。
太ももの筋肉にも一緒に刺激を入れられるので太もも痩せにも効果的ですよ!

1 両方の足裏を合わせて背筋を伸ばし地面に座ります。
2 合わせた両足が離れないように軽く手を添えましょう。
3 かかとを出来る限り自分に寄せていきます
4 その状態のまま膝を上下に20回動かして下さい
5 膝に手を乗せ、10秒数えながらゆっくり下に力を加えていきます。
6 膝が床につくようなイメージで、息を止めないのがポイントです。
7 これを×5セット行います。くれぐれも無理をしないように!

最初はかたくてできなくても、行っていくうちに脚が開いていくのを実感すると思います。
3で、股間にかかとがつくくらい・5で床に膝がくっつくくらい股関節が柔らかくなると、太もも痩せしやすい股関節になれますよ!

股関節を柔らかくする太もも痩せストレッチ2

w_2011_10_05

寝たまま、誰でもできる股関節を柔らかくするストレッチです。太もも痩せにも効果があります。

1 仰向けに寝転び右足を床と平行になるように曲げます。
2 右足を円を描くように大きく回します。
3 外回り、内回り各3回しずつ行いましょう。
4 左足も同様に行ってください。
5 左右回し終わったら両膝を揃えて膝裏が90度になるように曲げましょう。
6 肩が浮かないよう左右に倒します。×10回行います。
7 このとき膝が離れないように気をつけましょう。

このストレッチは、股関節を柔らかくして太もも痩せに繋げるだけでなく、
下腹なども引き締まってくるので、ゆっくり時間をかけてやってみましょう。

股関節を閉じて大転子を引っ込めて太もも痩せ!

original (11)

股関節は、日常のくせなどで開いてしまいがちなものです。股関節が開いてしまうと、太ももの大きな骨の骨盤側の端っこ、「大転子」と呼ばれる部分が外側に出っ張ってしまいます。

この大転子が外側に出ると、おしりは大きくなり、太ももの横幅が広がり、太ももの外側が張ってしまいます。

開きっぱなしの股関節を閉じられるようにして、大転子を引っ込めて太もも痩せしていきましょう!

太もも-15cm!股関節ゆらしで太もも痩せしよう

daitennsi

1 足を肩幅より広めに開いて立ちます。
2 大転子の右側に右手をあて、手で大転子を押し込みながら骨盤を左にスライドします33 上半身は自然に右に傾けましょう。
4 右の太ももの内側が伸びる感じがすればOKです。
5 1に戻って、1から4の動作を8回繰り返します。
6 左も同じように8回繰り返します。

なんと、継続してやることで太ももが-15cm痩せたという大転子を引っ込めるストレッチ「股関節ゆらし」。
太もも痩せにかなり効果的ですので毎日やってみましょう。

おしり痩せ&太もも痩せできる簡単ストレッチ

150701_oshiristrech_01

1 膝を直角に立てて座ります。足は腰幅よりやや広めに開いておきます。
2 両手をお尻より後ろについて上体を支えます。
3 姿勢は2のまま左脚だけ動かします。右ももの上に左足首をのせて下さい。
4 左の股関節をしっかり開いて下さい。
5 この姿勢のまま、上体を脚の方へと倒しましょう。
6 お尻や腰が伸びているのを意識してください。
6 この状態を10秒キープしたら、反対側も同様に行ってください。
7 最後に上体を脚がわに倒すとき、背中が丸まらないように意識してください。

大転子の引き締め、股関節のストレッチ効果があるだけでなく、
太もも痩せ・おしり痩せに即効性のあるストレッチですので、毎日やってみましょう。

股関節まわりの筋肉を鍛えて太もも痩せ!

股関節まわりには23もの筋肉があることをお伝えしました。この筋肉のおとろえが、股関節や骨盤のゆがみを招きますので、しっかり鍛えていくことが大切です。
また、股関節まわりの筋肉を鍛えることで、太もも痩せができるだけでなく、おしりが小さくなったり代謝が上がって痩せやすい体質になれるのだそう。

婦人病にもなりにくくなるので、意識してトレーニングしていきましょう。

太もももおしりも小さくなる!股関節まわりのトレーニング

スクリーンショット-2015-07-07-10.02.14

1 うつ伏せに寝転がり、あごの下に両手をおきます。
2 膝を曲げて両脚を上げてかかととかかとをつけます。
3 鼻から息を吸います。
4 息を吐きながらお尻(骨盤底筋群)を意識して膝を上げます。
5 かかと同士をキューッとつけたままの状態をキープします。
6 息を吸いながら脚を下ろしていきます。

この筋トレでは、股関節まわりのおとろえがちな筋肉をしっかり鍛えられるようになります。
同時に、太ももやおしりの筋肉も使うので太もも痩せ&おしり痩せに効果的です。

股関節まわりの筋肉を効率的に鍛える「トルネ8」がオススメ

j4DqYoy2nkVqFyn_iZVHe_75

股関節まわりのトレーニングをしたい方、太もも痩せしたい方に是非試していただきたいのが
まったく新しい骨盤エクササイズ「トルネ8」のヒップアップ効果がスゴイ!
という記事でご紹介した、「トルネ8」という骨盤の8の字運動を補助するグッズです。

トルネ8は。骨盤・股関節あたりの筋肉をまんべんなく、バランスよく使うことができますし、股関節の柔軟性も高まるエクササイズグッズです。

また、その部分だけでなく、下腹・太もも・おしりの筋肉も動かすので、太もも痩せや下半身の引き締めにはこれ以上ないほどのエクササイズができるんです。

img64715413 (1)

トルネ8を使い出してから、-10cm太もも痩せしたという人や、下半身がスッキリしたという人はかなり多いそうなので、太もも痩せのためのエクササイズや股関節のケアをしたい人は、是非トルネ8を使ってみてはいかがでしょうか。

股関節のケアをしてらくらく太もも痩せ!

Hispanic woman practicing yoga

太もも痩せと股関節には、密接な関係があります。
股関節を柔らかく保ち、正しい位置にするだけで太もも痩せは成功しますし、スタイルアップできますよ!
ここで紹介したストレッチやエクササイズを、できるものから少しずつやって太もも痩せしちゃいましょう!

この記事をSNSでシェア

コメントする

人気記事