おしり痩せした~い!あの頃に戻りたい!美ママになれる産後のダイエットまとめ【後】

d1719-286-611870-0

前回のおしり痩せ記事、「おしり痩せした~い!あの頃に戻りたい!美ママになれる産後のダイエットまとめ【前】」では主に、産後のダイエットの必要性と、食事制限による産後ダイエットのやり方などについてご紹介しました。
今回はいよいよ、産後ダイエットのメイン「体型戻し」について紹介していきます。

目次
産後の体型崩れ、お悩みは「お腹」と「おしり」
産後の体型崩れの大きな原因は「骨盤」にある!
産後ダイエットのための骨盤ケア、いつからやる?
産後の骨盤矯正のやり方や、使用するグッズは?
産後ダイエットにオススメの骨盤ガードル「トピナガードル」
骨盤ケアをしっかりやって産後ダイエットを成功させよう!

産後の体型崩れ、お悩みは「お腹」と「おしり」

600-17

産後のダイエットをしよう!と思うきっかけは、ふと気づいてしまった自分の体型の変化から…という人も多いようです。
前の記事でも少し紹介しましたが、母乳育児や生活環境の変化などから、産後一年以内に産前くらいの体重に戻る人は6割以上いるそうです。

しかし、体型は一年経っても二年経っても崩れたまま…という人がほとんどなのだとか。
これも、出産という大仕事をこなしたと思えば仕方のないことなのかも…と諦めるのは、まだ早いんです!

モデルさんや、元アイドルのママタレントさんたちは、出産しても産前と同じ体型にすぐに戻っていたり、人によっては出産後さらにキレイなスタイルを手に入れている人も…

彼女たちだって、同じ人間です。

産後の体型づくりや、適切なケアを行えば必ず、体型を戻すことはできるはずなんです。

ちなみに、産後の体型崩れで気にしているパーツは、産後ダイエットに悩むママさんたちの声を集計すると、まず「おなか」、そして「おしり」、「太もも」と続きます。
おなか・おしり・太もも…そう、主に身体の中心部分に、産後ダイエットのカギはあるのです。

産後の体型崩れの大きな原因は「骨盤」にある!

産前産後の体型1

下腹やウエスト周りなどのおなか周辺、おしり、太もも…身体の中心部分に産後の体型崩れの悩みが集中するのには、ちゃんとした理由がありました。
それらのパーツが「骨盤」に関係するものであるということです。

産後太りに大きくかかわってくるのが、妊娠中にゆがみ、出産で開いてしまう「骨盤」なんです。
骨盤といえば、上半身と下半身をつなぐ骨であり、ちょうど妊娠中にあかちゃんがいるところにある骨で、普段はキュッと閉じた形をしています。

それが、妊娠して赤ちゃんが身体の中で育つ過程で、だんだんと押し広げられて歪みます。
そして、出産の時には赤ちゃんが外に出やすいように、大きく開くのです。

sango

妊娠中に歪んだり、出産で開いてしまった骨盤は、通常産後3~4ヶ月かけて左右交互に、少しずつ縮みながら、ゆっくりと元の状態に戻ろうとします。
骨盤自体には、正常な位置に戻ろうとする力がはたらきますが、妊娠中に体のバランスが崩れていると正常な位置に戻りづらくなるのだとか。
人によっては元の状態までほとんど戻らず、大きく骨盤が開いたままであったり、歪みっぱなしになっている人もいるのだそうです。

また、横座り、女の子座りや椅子での足組み、猫背、授乳中にずっとあぐらをかく、子供をカラダの片方でばかり抱くなどのくせは、さらに骨盤を歪める原因になってしまいます。
産後3ヶ月頃までにこれらの姿勢をとっていると骨盤をさらに歪ませて、産後のダイエットや体型戻しに悪影響を与えてしまうことになりますので、気をつけるようにしましょう。

breastfeeding a baby

骨盤が妊娠前の位置・正しい状態に戻らない状態が続くと、骨盤周辺の血流が悪くなり、代謝が下がって脂肪の燃焼がうまくいかなくなってしまうため、太りやすい体質になってしまいます。
また、産後に下腹が出てしまったり、大きくなったおしりが戻らないのもこのためです。

他にも骨盤のゆがみを放置してしまうことで肩こり、腰痛、むくみ、冷え性や、不妊などの婦人科系トラブルにもつながってしまいます。
骨盤が開いたり歪んだりすることで、骨盤まわりの骨盤底筋群がゆるんでしまうと、ちょっとしたことで尿漏れしやすくなってしまうこともあるのだとか。

この、骨盤のケアについては産院でも指導があるところが多いかもしれません。
そのくらい、出産の不調と骨盤の開き・歪みの関係性は深いのです。

産後ダイエットのための骨盤ケア、いつからやる?

Closeup portrait of a happy young woman smiling isolated on white background

では、産後ダイエットを成功させるためにも骨盤のケアをしていこう!と決意される人も多いかもしれません。しかし、骨盤ケアをするとしても、いったいいつからどのようにしていけばいいのか…ご紹介します。

産後の女性のじん帯はとても柔らかくしなやかで、骨盤矯正を成功させるには絶好の機会です。
基本的には、産後2~6ヶ月までに、骨盤矯正を行うのがおすすめです。

そうすることで、体型も戻しやすく産後ダイエットの成功に繋がりますし、のちのち腰痛や体調不良なども起こりにくくなりますので、この時期の骨盤ケアはしっかり行いましょう。

ちなみに、産後1ヶ月~数週間は悪露が出るなど、出産の影響が体に残っています。無理に骨盤矯正を始めると悪露が出きらないこともありますので、焦らず1ヶ月は様子をみましょう。
骨盤矯正とまではいかなくても、産褥ニッパーやガードルなどを産院の指導でつけることもあると思いますので、そちらはしっかり使用して下さい。

また、2ヶ月め以降も自分の体調などとしっかり相談しながら産後ダイエットを行ってくださいね!
産後の腰痛や恥骨痛がひどければ産後1ヶ月頃から骨盤矯正をしてもらえる場合もあるので、産院や整体院などに相談してみましょう。

また、産後6ヶ月経つと、骨盤が完全閉じた状態になってしまいます。
それも、歪んだまま閉じてしまうことが多いのだとか…一度骨盤が歪んだまま閉じてしまうと矯正するのが大変になります。できれば、そうなる前に骨盤矯正をしておきたいです。

産後の骨盤矯正のやり方や、使用するグッズは?

産後ダイエットのカギを握る産後の骨盤矯正…実際には、どのようにして行っていけばいいのかいくつか方法を紹介します。

整体などに通ってプロに骨盤矯正してもらう

sejutsu

骨盤矯正といえば、やはりプロである整体師さんに診てもらうのがいちばんなのかもしれません。
産後の骨盤ケアのメニューをもうけている整体も少なくはないのだとか…
プロにお願いするので間違った方法を選ぶことがないというのが、ひとつのポイントです。

しかし、まだ月齢の浅い赤ちゃんを連れて整体通いするのはできないかもしれない…という人も多いかもしれません。

骨盤底筋群を鍛える運動をして骨盤矯正をしていく

99ad5866-e600-4e64-8702-8aff0adb230a

産後の骨盤の歪みや開きを正していくために、骨盤周りの筋肉である骨盤底筋群を鍛え、骨盤矯正効果のあるストレッチやエクササイズをしていくのもオススメです。
新米ママ向け雑誌に特集されていることがあったり、産院での指導がある場合もありますね!

しかし、新米ママはとにかく慣れないことの連続で、エクササイズやストレッチをしている時間や余裕がないということも多いので、どちらかといえばこれらの運動での骨盤矯正は育児が落ち着いてきた頃にやるのがいいのかもしれません。

産後用の骨盤矯正ガードルや骨盤ベルトを使う

header (1)

一番実施している人が多くて、比較的カンタンなのが、この骨盤矯正ガードルや骨盤ベルトを使って産後の骨盤ケアを行う方法です。

家にいながら、特別なことをしなくてもじんわりと骨盤ケアができるので、忙しいママにも安心ですし、痛みなどを感じることもありません。

どれからやったらいいのかわからない!という人は、産後ダイエットの入り口としてまずは骨盤矯正ガードルや、骨盤ベルトを使って産後の骨盤ケアをやっていってはいかがでしょうか。

産後ダイエットにオススメの骨盤ガードル「トピナガードル」

ダウンロード (11)

オススメの骨盤ガードルが、産後の女性たちから絶大な人気を誇る「トピナガードル」です。
トピナガードルは、適切に骨盤矯正をしながら、身体を冷やさず、むしろあたためて代謝を上げるので、ダイエットにはピッタリなガードルです。



体温が1度下がると代謝は14%低下すると言われるほど身体の“冷え”はダイエットの大敵です。
特に産後は、体内の様々な循環機能も衰えがちになってしまいます。産後ダイエットで大切なのは体幹部の体温を高め、基礎代謝を上げることです。

トピナガードルは、素材から専用に開発され、筋力低下やうっ血を起こさない適度な引締めと同時に優れた保温性と蓄熱性、発汗作用で、体温上昇と代謝の促進を促します。

産後の気になるお腹と太もも、おしりをケアするにはにぴったりなガードルといえるでしょう。

images (9)

また、骨盤ガードルにありがちな強い締めつけ感や、はきにくさはほとんど感じず、ずっとつけていられるというのもトピナガードルの魅力のひとつです。
骨盤矯正をして産後ダイエットするには、できるだけ長時間ガードルをつけていることが成功のカギになるのですが、トピナガードルは24時間つけていられる骨盤矯正ガードルだと呼ばれています。

photo3

トピナガードルは肌に優しいガードルです。
骨盤矯正ガードルに使われがちなナイロンは親水性があるので汗を溜めやすく、その汗に反応して、蒸れやかぶれ、かゆみなど様々な問題を引き起こします。
産後のデリケートな肌に、これらの皮膚トラブルはご法度ですよね。

トピナガードルはナイロンを一切使用してありません。特殊繊維「吸水速乾アクリル」を使用し、保温効果を保ちながら水分を発散するので、大量に汗をかいてもお肌はサラサラです。

さらに嬉しいのは、トピナガードルはサイズダウンしても買い替えが不要だということ!

産後-580x387

トピナガードルは、体の変化に応じて『無料サイズ補正』を行なっています。サイズダウンしたからと、新しいガードルを購入する必要はありません。
いろいろとお金のかかる育児中に、これはかなり嬉しいですよね。

体にジャストフィットするサイズで使い続けていただくことで、より効果的にシェイプアップをサポートしてくれるんです。

累計10万枚(着)の出荷実績をもち、長い間多くの女性の産後ダイエットや骨盤矯正の強い味方になってきたトピナガードル。
長持ちするし、産後ダイエット効果はバツグンなガードルですので、是非産後ダイエットや骨盤矯正に使用していただきたいグッズです。

骨盤ケアをしっかりやって産後ダイエットを成功させよう!

o0650043420140911_mam_baby_top-thumb-650x434-91644

芸人さんであるフジモンさんと結婚し、今はママタレントとして輝いているユッキーナも、体型戻しのために真剣に骨盤矯正を行ったそうですね。
その結果もあって、子供を二人生んでもスタイルは衰えていません…!
骨盤ケアを頑張って、産後のダイエットを成功させちゃいましょう!

この記事をSNSでシェア

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

人気記事

オススメサイト