数分で小顔が手に入る!田中宥久子式造顔マッサージがスゴイ

( 更新)

-shared-img-thumb-ASE_014_TP_V

テレビで紹介され、その通りに行うことで驚くほどの小顔効果があると評判で、ファンも多い造顔マッサージ。今回はそのやり方と注意点について詳しくご紹介いたします。

目次
造顔マッサージの生みの親、田中宥久子さんって?
みるみる小顔になっていく…究極の小顔マッサージ
造顔マッサージの準備
造顔マッサージのやり方とポイント
3cm顔が小さくなるのも夢じゃない!?

造顔マッサージの生みの親、田中宥久子さんって?

c0098204_1133157

美容学校を経営していたお祖母さんの影響で幼少時より美容の基礎を学び、山野美容専門学校を卒業後からフリーランスで活躍。一時はご結婚され、お二人の娘さんを育てられますが、離婚し仕事を再開します。第三回ゆうばり国際映画祭でビューティースピリット賞を受賞され、2003年より化粧品ブランド『SUQQU(スック)』のクリエイターとして独自の美容メソッド及び商品を発表するようになります。2006年度マリ・クレールボーテ大賞日本特別賞を受賞し、秋に独立し。2007年4月からオリジナルブランド『Y・METHOD』をスタートさせます。
仕事の多忙から自分の顔の顔の手入れに時間がとれず、42歳の時に58歳に間違えられてしまいます。その経験から自分の顔をモデルに顔の筋肉をマッサージすることで皮膚のたるみを引き締め、10年前の顔を取り戻す造顔マッサージを編み出します
。ゴッドハンドの名で通っているカリスマ美容家であり、帽子に黒縁眼鏡、ポニーテールがトレードマークの美しい方でした。
2013年3月、肺がんのため亡くなられていますが、その美容法は本人亡き今も多くの女性に愛されています。

代表的な著書

『田中宥久子の体整形マッサージDVDブック 応用スペシャル編』(講談社)
『田中宥久子の造顔マッサージ マッサージDVD付きBOOK -10年前の顔になる-』(講談社)
『7年前の顔になる 田中宥久子の「肌整形」メイク』(講談社)

など

みるみる小顔になっていく…究極の小顔マッサージ

たるみが消え、むくみが消え、10年前の顔を取り戻す…そんな魔法のような小顔マッサージだとしてたくさんのファンに支持されているのが「田中宥久子式造顔マッサージ」です。
肌の下にある筋肉をほぐして鍛えることでリフトアップが叶い、老廃物をスッキリ流してむくみをなくします。

まずはこちらの動画を御覧ください。

造顔マッサージの準備

まずは、必ずマッサージクリームを使うこと。肌への摩擦や刺激が強いので、必ずマッサージクリームを遣いましょう。マッサージクリームは油分が控えめで固めのものがよいようです。滑りすぎず、適度な圧力がかけられます。

洗顔後、髪の毛を上げて首元の大きくあいた服で行います。造顔マッサージを進めればわかることですが、老廃物を首元に流す動作が多くあるためです。

マッサージクリームを巨峰大手に取り、顔全体を覆うようにつけます。肌を守るためなのでたっぷり遣いましょう。

この造顔マッサージは、表面を撫でるというよりも圧力をかける、力を入れることがポイントとなります。圧力をかけた時に少し腹筋に力が入るくらいで行います。顔の皮膚は薄くてデリケートなのでマッサージもソフトに…という常識を覆すメソッドになります。

造顔マッサージのやり方とポイント

動画を見なくてもわかるようにおおまかな流れを紹介します。

まずは準備の動作。両手で顔をはさみ、耳の前からゆっくり首筋を通り鎖骨まで真下に手を降ろします。この動作を2~3回繰り返し、顔のリンパや老廃物の代謝をよくしてから始めます。
リフトアップなら上へ上へマッサージすべきではないかと思われるかもしれませんが、顔のリンパ液は頭から首に向かって上から下へ流れているので、自然な流れに沿って老廃物を流すことができます。やみくもに上へ引き上げるというよりも、血行を促進して代謝を上げ、スムーズに老廃物を排出してひきしめる、という考え方をします。

いよいよ本番のスタートです。

1 おでこから。指の腹をおでこの中心にあてて圧力をかけ、そのまま横に引っ張るようにしてこめかみまで持ってきます。腕をおろし、耳の前から首筋に老廃物をまっすぐ流します。これを三回行います。指をおでこに押し当ててみて、へこむような感覚があるときはむくんでいる証拠のようです。シワが入りやすく、目立ちやすいおでこを引き伸ばす感覚で行いましょう。

2 目元のマッサージ。皮膚が薄くでデリケートなので力を入れ過ぎないようにしまょう。中指の腹で雌獅子から下瞼をさすり、目頭を軽くプッシュ。アイホールの骨に沿って目尻に戻り、また目頭へ。再び目尻に戻ったら指二本で軽くプッシュ。耳の横から首筋にまっすぐおろす。クマの解消にも役立ちます。眼窩の骨格を意識して行い、むくみやクマを解消させてデカ目を手に入れましょう!

3 口周りのマッサージ。ほうれい線がきになる箇所です。あごの中央に指の腹をのせ、力を入れて広角を持ち会えるようになであげます。歯茎にそって鼻の下までなぞってプッシュ。これを三回行います。
下がった口角を解消し、きゅっと口角の上がった美しい表情を手に入れるためのステップです。しっかり圧力をかけて持ち上げるように行いましょう。

4 鼻まわりのマッサージ。中指の腹を遣い、小鼻の横を上下に半円を描くようにマッサージします。小鼻の汚れが浮きだしてくるそうです。鼻筋にむかって下から上へ指を動かすのを3回繰り返します。目の下から横に指をスライドさせ、耳の横からまっすぐ首筋に流します。これによって鼻の筋肉を刺激して鍛えることで、鼻筋が通ってくる効果もあるようです。

5 頬。両指の腹を顎の中央にあて、口角の横を通り、上に向かって揉みあげる。小鼻の横から目頭まで持ち上げ3秒プッシュ。力をゆるめて手を横に流して耳の前から首筋におろします。これを3回。
指の腹全体を遣い、余分な肉を下から持ち上げるイメージで行いましょう。

次に、片手であごを支え、一方の手を顎の横に置きます。斜め上目頭に向かってぐっと圧力をかけて持って行き、目頭下で3秒プッシュ。力を抜いて耳の横から首筋に流します。
頬の下から三角形を描くイメージです。これを左右三回ずつ行います。

両肘を張り、指の腹で頬をおさえ、圧力をかけながら顔を押し広げるように横に動かし、耳の横から首筋に流す。この動作を3回繰り返します。
顔全体をひきしめ、頬のたるみをなくすメソッドです。シャープな頬を手に入れるためにもしっかり圧力をかけて行いましょう。

6 フェイスライン。頬杖をつくように両手を頬につけ、親指の付け根を小鼻と頬骨の間に入れます。頬骨を持ち上げるように骨の下を通り、耳の横から首筋におろす。これを三回。
親指の付け根をあごの下に入れ、フェイスラインに沿って親指が耳の下に来るまでぐっと持ち上げます。これを左右三回ずつ行います。顔の横幅を小さくし、二重あごを解消します。

7 仕上げに親指をあごの下につけて人差し指全体をやっほーするときのように鼻のわきにつけます。手を横に移動させ、耳の前から首筋へおろします。この動作を三回。ほおから顎の下に溜まった脂肪を一気に引き上げるステップです。

どちらか一方の手をおでこにあて、縦に細かくさするように動かします。こめかみにきたら両手をあて、首筋におろします。これで終了です。

流水ですすいだりクレンジングしたりして、クリームを流します。流すときにクリームが汚れていることに驚くかもしれませんが、これは毛穴の汚れがとれている証拠。造顔マッサージをすることで顔のお掃除もできてしまうのです。
小顔になるだけではなく、化粧のノリも違ってくること間違いなし。

3cm顔が小さくなるのも夢じゃない!?

この造顔マッサージの効果は10時間から12時間もつとされています。今日は!という日にはメイクの前に10分、造顔マッサージを行ってみてはいかがでしょうか?みるみる顔が小さくなるのがわかりますよ♪
また、毎日継続することで肌がトーンアップし、ファンデーションをひとつ明るくするのも叶うかも…?いいコトずくめで、間違いなく小顔効果があると言われている造顔マッサージ、ぜひ試してみてください!

この記事をSNSでシェア

コメントする

人気記事