小顔になるなら「歯」を変えよう!歯並び・親知らず・かみ合わせ…小顔との関係性

E1353481447107_1

小顔に深い関わりのあるものとして、実は「歯」があるんです。

この「歯」を変えることで、みるみる小顔になっていくことあるんだとか…放って置けない、「歯」と「小顔」の関係性や、どうしたら歯を変えて小顔になれるのかなどをご紹介していきます。

目次
「歯」と「小顔」ってどんな関係がある?
「親知らず」を脱くと小顔になれるって本当?
そもそも歯のひとつである「親知らず」とは
奥歯の「親知らず」を抜くと小顔になれる人の条件とは
こんなにあった!親知らずを抜くメリット
親知らずを抜くデメリットもある
歯を変えて、小顔になる!

「歯」と「小顔」ってどんな関係がある?

000-0176

歯といえば、口の中にあってものを噛むときに使うものですが、実は、顔の大きさやフェイスラインにも多大な影響を及ぼしているものなんです。

たとえば、歯並びの悪いままにしておくと、口元がモゴモゴとした状態になってしまって、いわゆる「口ゴボ」な印象になってしまうことがあります。

また、自然に口があいたままになってしまっていつの間にか顔が縦に長い「面長」顔になってしまったり、口元がだらしない印象になってしまうこともあるのです。

他にも、歯並びが悪いことで、「正しく噛む」ことが難しくなって噛む回数が減り、太りやすくなったり内臓に負担をかけたりしていることも考えられます。

さらに、口が開きっぱなしになることで口臭が悪化してしまうことも考えられますし、なにより笑顔になったときや、ふと見える歯列はやはりキレイな方が美人な印象を与えられます。

古い言葉ですが、「芸能人は歯が命」なんて言葉もあるくらいです。

また、歯列矯正中や歯列矯正後にすっきりと痩せたような印象になる人がいます。

Beautiful young woman with teeth braces

これには、いくつか要因が考えられるのですが、そのひとつは、歯に矯正器具をつけていると食事を摂りづらい時期があり、食事量が減ることでダイエット効果をもたらすということが言えると思います。

もちろん矯正をされる方の全員がそのようになるわけではありませんが、装置の異物感と歯が移動するときの痛みで、若干、食欲が落ちるということがあるのかもしれません。

また、あごの外科手術を行う際は、1か月ほど普通の食事が摂れなくなるので、この時期に体重が落ちる可能性があります。

また、矯正後は歯並びが整い、きちんと咀嚼ができるようになるので、かむ回数が増えて、満腹中枢に刺激が与えられるようになります。

こうすることで、自然と食べ過ぎが抑えられるという可能性もあります。
また、かみ合わせが整いあごのラインがシャープになって、実際に小顔になる方もいるようです。

「歯」が整っていないと、かみ合わせが悪くなって体全体のバランスが悪くなり体調を崩してしまったり、太りやすくなることも…
「歯」を整えることは、小顔の・スリムな身体の第一歩といえるのかもしれませんね!

「親知らず」を脱くと小顔になれるって本当?

pixta_2987564_S-640x424

小顔と歯の関係といえば、よく知られているのが「親知らずを抜くと小顔になる」という説です。
この説は本当なんでしょうか?「小顔」と「親知らず」の詳細について迫っていきます。

そもそも歯のひとつである「親知らず」とは

pic_04

歯の名称は前歯の真ん中から数えて2番目までを切歯、3番目を犬歯、4番目・5番目を小臼歯、6~8番目を大臼歯と呼びます。
この中で、口の一番奥にある第8大臼歯を親知らずと呼びます。

親知らずという名称には諸説ありますがその中の一つに「親が亡くなってから出てきたため親知らずと言われた」という説もあるそうです。

普通永久歯は小学校低学年くらいで乳歯から生え変わるタイミングが来ますが、親知らずは18~20歳前後、または成人後に生えてくる方が多いと言われています。

18_img_01

ただし、親知らずの多くは真っ直ぐに生えずに横や斜めに生えると言われています。
また、ずっと親知らずが生えて来ない方もいらっしゃいます。

奥歯の「親知らず」を抜くと小顔になれる人の条件とは

J165

では、その親知らずを抜くと本当に小顔になれるんでしょうか?

親知らずを抜いたことで小顔になったという人がいるのは本当です!

モデルさんや女優さんなどは、顔を小さくするために親知らずに限らず、奥歯をいくつか抜歯している人も多いといいます。

しかし、親知らずを抜いたからといって全ての人が小顔になるというわけではないようです。
親知らずを抜いて小顔になれる人には、いくつか特徴がありますので紹介します。

頬骨が出ている人

07_img1

上の歯列の親知らずの位置は骨格的に見て、頬骨のちょうど下あたりに当たるそうです。

そのままにしておくと、さらに頬骨を圧迫して前に出させてしまうことも…

親知らずを抜くことによって、骨格がかわり、頬骨の部分がへっこむことで顔が痩せて小顔に見えるようになります。

エラが張っている人

kogao_img08 (1)

耳の下、フェイスラインの延長線上にあるエラが張っているというのは、小顔になりたい人の顔の悩みでも多いんじゃないでしょうか?

下の歯列の一番奥、親知らずの位置はちょうどエラの内側の位置に当たるようです。

親知らずを抜くことで歯一本分顔が痩せて張っていたエラが解消することがあります。

フェイスラインが骨ばっている人

neck_of_woman

顔の骨の形がフェイスラインにもろに出ている人という意味になります。

親知らずに限らず抜歯をすると下顎の骨の形がかわり、フェイスラインに骨の形が出ており、角ばったようなフェイスラインをしてる方は小顔になれる可能性があります。

顔の形が下膨れになってる人

2_1

歯を1本支えるのに必要な歯茎の面積は結構なものなのだとか。

歯、とくに大きな奥歯を抜くと、その歯を支えていた歯茎は必要がなくなるので収縮しその結果ほっぺの下のほうが痩せるそうです。
こうなると、顔の形が下膨れになってしまっている人はそれが解消され、顔の下半分がシュッとした印象に変わるのだとか…

顔の筋肉が発達しすぎている人

ho2-1

親知らずは斜めに生えたり横に生えたりもしますが、正常に、まっすぐに生えている親知らずを抜歯すると奥歯をかみしめる力が弱まります。

必要以上に奥歯を噛みしめると顔の筋肉が発達しすぎることが多いのです。

これが弱まることで顔の筋肉が痩せていって、小顔になっていくこともあるのです。。

小顔になるためには表情筋と呼ばれる顔の筋肉は必要ですが、その筋肉が太くゴリゴリのものでいけないというわけではありませんし、むしろ細くしなやかな筋肉のほうが小顔には向いているといえるでしょう。

これらのタイプの顔の方は、親知らずを抜くことで顔が痩せ、劇的に小顔になれるかもしれません。

こんなにあった!親知らずを抜くメリット

be2f59917bb4952a74dff10fc611f02e-400x250

親知らずを抜くメリットは、小顔になれる!ということだけではありません。
親知らずを抜くことで、他にもさまざまなメリットがあるのです。

歯の痛みから開放される

Fotolia_50156371_XS-e1426123409962

親知らずは、奥歯の更に奥から、成人する前後に少しずつ生えてきます。

この親知らずは、まっすぐ生えてくるだけでなく斜めや横に生えてくることも多いのです。こうなると、歯茎を圧迫してかなりの痛みを感じることも…

この痛みが長期的なストレスになってしまうことも多いので、一思いに親知らずを抜くことで痛みやストレスから開放されることができます。

虫歯や歯周病になりにくくなる
oyashirazu-02

親知らずは、少しずつ生えてきます。

しかも、歯の一番奥から…こうなると、どうしても食べかすなどの汚れがたまりやすくなってしまうのです。
普通の歯ブラシを使ったブラッシングでは、この汚れがしっかり取り除けないともちろん虫歯になる可能性も高くなります。

また、歯を不衛生な状態にしておくと歯茎から出血したり、歯茎が病気になったりするいわゆる「歯周病」のリスクも高まってしまうのです。

成長しかけの親知らずを抜くことで、虫歯や歯周病のリスクも減らすことができるのです。

保険適用だからそんなにお金がかからない

img_616b4ffd662c5f0e2491365cceea5433134215

親知らずを抜くのは、普通の歯科医院でできます。
しかも、保険適用なので矯正などのようにたくさんのお金がかかるわけではありません。

しかしまだ生えてきていない、埋まっている親知らずを抜くとなると歯茎の切開などが必要になるので、普通に抜くよりは高くなることもありますので注意して下さい。

自宅の近くの歯科医院や、評判のいい歯科医院を探してみましょう!

抜歯の痛みでダイエットできるかも!?

shutterstock_116692399

親知らずを抜くことで、痛みや出血があることがあります。

そうなると、普通にごはんを食べることができなくなり、食欲が落ちてその間強制的に食事制限ができて、痩せたり小顔になれたりするかも…?

ものは考えようですよね!

他にも、親知らずを抜くことで頭痛や口臭の改善なども期待できます!

親知らずを抜くデメリットもある

af9980018951l

親知らずを抜くことにはデメリットもあります。

まず、痛みがあるということ。

たいていの人は、親知らずをを抜いた後かなりの痛みを感じます。
また、ぱっと見でわかるくらい頬が腫れることもあります。痛みや血に弱い方は、要注意。

また、片一方抜いて、もう一方は抜かないなどすると顔がゆがむ可能性があるとも言われています。

まっすぐ歯が生えていて、痛みも少なく、顔の形にも大きな影響がなさそうであれば、親知らずは残しておいてもいいかもしれません。

虫歯になったりしたとき、親知らずを他の歯のかわりに移植するなどの対策もできるそうですよ!

親知らずを抜いたら小顔になれる!

19

親知らずを抜いたり、歯列矯正をすることで、小顔になることはできるんです!

健康のため、美しさのため、小顔のためににまずは「歯」から変えてみませんか?

この記事をSNSでシェア

コメントする

人気記事

オススメサイト