メイクを変えれば小顔になれる!小顔に見えるメイクのしかたや下準備、オススメコスメ

( 更新)

22001_original

小顔になりたい!と常々思ってはいても、一朝一夕で小顔が手に入るというわけではなく…
わかってはいるけど、とりあえずすぐに実行できる、小顔になれるメイクの方法や裏ワザがあれば知りたい!という方にむけて、メイクの前に気をつけたい小顔ポイントや、小顔に見えるメイクのやり方などをご紹介していきます。

目次
メイクで小顔に見せることって可能?
小顔メイクをするのなら、土台作りを入念に
小顔メイクをする前に田中宥久子式「造顔マッサージ」をやろう
造顔マッサージと「ホワイトニングリフトケアジェル」を組み合わせると最強小顔になれる
小顔メイクスタート!ベースメイクをとにかく入念に
小顔になれるポイントメイクのやり方
小顔メイクのやりかたを真似して、小顔印象ゲット

メイクで小顔に見せることって可能?

77655_original

本来、小顔になるためにはマッサージや食事制限など、長期的な努力が必要になってきます。
それでも、毎朝のメイクや、ここぞというときのがっつりメイクに、ちょっとしたテクニックを加えるだけで小顔に見えるのなら是非知りたい!ですよね。

メイクで小顔になるのなら、大きなポイントがふたつあります。

まずは、メイクの前の下準備でできるだけ小顔に近づける土台作りをちゃんとやるということ。

そして、実際のベースメイクやポイントメイクに、小顔になれるテクニックを盛り込んでいくということです。

このふたつをしっかりやるだけで、「あれ?痩せた?」と言われちゃうくらい、小顔になれることもあるんです。

今回は、そんなメイクの時に使える小顔テクニックや、小顔に見せるための土台作りのポイント、実際の小顔メイクのやり方などについてご紹介していきますので、是非自分のメイクに取り入れてみてくださいね!

小顔メイクをするのなら、土台作りを入念に

WomanExcite_E1408516212082_1

小顔メイクをするのならば、小顔に見える小手先のメイクテクニックだけに頼るのではなく、実際に小顔になっちゃいましょう。
メイクの前に、是非試して欲しい、小顔になれる土台作りのやり方について触れていきます。

小顔メイクをする前に田中宥久子式「造顔マッサージ」をやろう

zougan-massage

雑誌などでも、メイクの前にフェイスマッサージをやるのを薦めているものが多いと思います。せっかく小顔メイクをするのに、ベースの顔があまりにも大きかったら逆に小顔メイクが浮いてしまうこともあるんです。
是非、小顔メイクをやる前にフェイスマッサージをしておき、実際に顔を小さくしていきましょう。

顔が大きく見える原因にはさまざまなものがありますが、残念なのは「むくみ」と「たるみ」。

顔に老廃物や水分が溜まってむくんでパンパンになった顔では、メイクのモチベーションも下がるというもの。また、たるみも同じです。むくみケアや、たるみ解消のリフトアップケアは最低限しておくべきでしょう。

たるみが消え、むくみが消え、10年前の顔を取り戻す…そんな魔法のような小顔マッサージだとしてたくさんのファンに支持されているのが「田中宥久子式造顔マッサージ」です。

肌の下にある筋肉である表情筋をほぐして鍛えることでリフトアップが叶い、顔にたまっている老廃物や水分ををスッキリ流してむくみをなくします。

やる前とやったあとでは、顔が数cm小さくなるというような人もいるのだとか。

そんな田中宥久子式造顔マッサージのやりかたは、この動画でご確認下さい。

この動画は10分もないくらいの長さですが、実際にメイク前の小顔マッサージを一緒にやりながら進めることができるので、オススメですよ!
この造顔マッサージの効果は10時間から12時間もつとされています。
今日は!という日にはメイクの前に10分、造顔マッサージを行ってみてはいかがでしょうか?

造顔マッサージと「ホワイトニングリフトケアジェル」を組み合わせると最強小顔になれる

2015-04-11_145634-1

小顔メイク前の土台作りとして有効的な造顔マッサージですが、動画を見ていただくとわかるように、皮膚の摩擦で肌を傷つけないようにマッサージクリームをたくさん使っています。
実は、ここにも小顔メイクの下準備ポイントが…!
ここで使うマッサージクリームを、ただのクリームではなく、小顔効果のある基礎化粧品で行うことでさらに小顔効果がアップするのです。

顔痩せリンパマッサージに使える小顔コスメなんてあるの…?と思われる方!オススメしたいのが、
このサイト内でも売れに売れている「ホワイトニングリフトケアジェル」というオールインワンジェルなんです。



小顔になるクリームなど人気小顔コスメ3選!塗るだけでリフトアップ&小顔になろう
で詳しい成分や効果はご紹介していますが、
このホワイトニングリフトケアジェル、美白・美肌ケアをしながらなんとマッサージジェルとしても使えるんです。その小顔効果はかなりのもの!

11

ただ塗るだけでもフェイスラインが引き締まり、顔が上がって見えるのだとか…
マッサージと組み合わせることで、ピン!とした小顔をキープできるんです。



アットコスメでのクチコミ評価も高い、超優秀なコスメなんですよ♪

安心・安全な成分で、あのアットコスメでもかなりの高評価なオールインワンジェル、ホワイトニングリフトケアジェル。
顔痩せリンパマッサージのおともに使って、さらに小顔を目指しませんか?

小顔メイクスタート!ベースメイクをとにかく入念に

e75d9b56053d4d6d5b142498acb0411b_5668

それでは、実際の小顔メイクテクニックについてご紹介します。小顔メイクのキモとなるのは、やはりベースメイクです。ここはしっかり気合いを入れてやっていきましょう。

まず、ファンデーションは薄めに。
顔の中心から、外側に向かって塗り広げるようなイメージで塗っていくと、均等にファンデーションがつきますし、自然な肌づくりができます。
顔が立体的に見える小顔効果もありますよ!

また、小顔に見せるために欠かせないコスメといえば、「シェーディング」と「ハイライト」です。

137595

シェーディングは、顔に影のような部分をつくるコスメです。
シェーディングの色が濃すぎるものだと不自然に見えてしまうので色は多少薄めのものを選ぶといいでしょう。
また、普段のファンデのトーンの暗いものを使うという手もあります。

ハイライトは、ラメが細かく、肌になじみやすい色のものを選ぶと不自然に見えませんよ!
ハイライトとシェーディングの入れ方はこちらの画像を参考にしてみましょう。

w621_38b1b5d791674276a8e60493a77bdb4b-300x269

シェーディングは、顔のまわりや頬のサイド、鼻筋の両サイドに入れます。
ハイライトは鼻筋、おでこ、目の下などの光のあたる部分に入れていきます。

シェーディング、ハイライトともにあくまでも薄く、自然にを心がけてください。

明るい所でメイクをすると、「思ってたよりメイク濃いかも…」なんてことが少なくなるのでオススメです。
ハイライトとシェーディングを上手に使ったメイクをすると、小顔に見えるだけでなく立体感のある美人顔になれますよ!

小顔になれるポイントメイクのやり方

ダウンロード (26)

小顔メイクは、ベースメイクだけではありません。ポイントメイクでも、小顔に見せることはできるのです。

まずは、アイメイクですが、これはパッチリな目にしていくと、かわいらしい・もしくはきれいな印象になりますので、顔が大きいという印象をかき消すことができるでしょう。
デカ目メイクとまではいかずとも、できるだけ目を大きく見せるように、カラコンを取り入れたり、しっかりまつげが長く見えるマスカラを選ぶといいです。
また、眉は近年流行している太眉ですと、顔の余白が減り小顔効果を得ることができるでしょう。

また、チークも小顔メイクのカギを握ります。

20130130070305-1152-629_raw

チークは自分の肌色にあったものを選び、頬骨から耳の方へ斜めに入れるようにすると、小顔効果を得られるのだとか!

また、小顔に、痩せて見せさせたいのならチークは何種類か使って、まるで頬がコケているかのように見せといいとも言われています。
やりすぎはギャグのようになってしまうので、あくまで自然にを意識してくださいね。

小顔メイクのやりかたを真似して、小顔印象ゲット

Woman applying blush on to her cheeks

小顔に見せるためのメイクテクニックや、小顔メイクの前の下準備などについてご紹介しました。小顔メイクがうまくいけば、メイクするのも楽しくなるかもしれませんね!

この記事をSNSでシェア

コメントする

人気記事