太い脚もカバーできる!春の下半身着痩せファッションアイテムの選び方

( 更新)

VuFkEZKlkSm319U1456474009_1456474031

自分の脚の細さに自信が持てないと、ファッションアイテムの選び方やコーディネートのしかたがわからなくなったり、ファッション自体を楽しめなくなったり、してしまいますよね…?今回は、下半身の着痩せに悩む方のために、脚のお悩みをカバーして細く見えるファッションアイテムの選び方やオススメのファッションアイテムをご紹介します!

目次
「着痩せ」とは?下半身太りに悩むなら抑えておきたいポイント
春のファッションに潜む着痩せの落とし穴
下半身着痩せテクニック1 細く見える色と柄・丈を知ろう
下半身着痩せテクニック1 デニムは濃い色の太めタイプを選ぼう
下半身着痩せテクニック2 スカートを選ぶなら丈感と生地・形を要チェック
下半身着痩せテクニック3 靴と小物にもこだわって目線を気になる部分から移す
おわりに

最新☆2017年夏の下半身着痩せファッションまとめはこちら☆↓

2017年夏ファッションで着痩せする!トレンドを抑えた着痩せコーデやファッション
2017年夏ファッションで着痩せする!トレンドを抑えた着痩せコーデやファッション
2017年夏、どんなファッションが流行する?トレンドもおさえながら、着痩せする方法はある…? 今回は、女性ファッション誌で2017年夏のファッションの流行を調べ、そこから着痩せや細見えに使えそうなファッションアイテムやコーデなどを…

着痩せ系の関連記事はこちら!

「着痩せ」とは?下半身太りに悩むなら抑えておきたいポイント

i-626x320

『着痩せ』とは、裸の状態よりも、服を着ることでやせて見えるようなファッションの効果のことを言います。

自分の体型の気になる部分をカバーしたり、色や柄、丈などのバランスを工夫することによって視覚効果で実際より痩せてみえるような服の着方は、実際に存在します。

タブレットを見る女性

女性では悩むことの多い下半身太りをカバーするには、まず、「自分の体型や悩みにあった着痩せテクニック」を知ることです。

間違った着痩せテクニックを取り入れてしまうと、逆に本来よりも太って見えてしまったり、お悩みの部分が強調されてしまいかねないのです。気になるのはおしりなのか、ふとももなのか、ふくらはぎなのか、それとも脚全体なのか…

ちゃんと自分で把握しておき、自分の悩みをカバーするようなテクニックを身につけましょう。

また、「隠す」「カバーする」だけが着痩せではないことも知っておきましょう。

自分にとって自信のあるパーツは逆に強調して見せていくこと、出すべきところはちゃんと出すことで他のパーツまで痩せて見えてくるなんてこともあるものです。
メリハリを大切に、着痩せコーディネートを楽しみましょう!

春のファッションに潜む着痩せの落とし穴

1860_1_zoom

春のファッションアイテムといえば、多くなるのがパステルカラーや白などの淡い色のファッションアイテム。

ご存知のとおり、パステルカラーや白は実際よりふくらんで見える「膨張色」ですので、細く見せたい部分にはもってこない方が無難といえそうです。
淡い色のアイテムを選ぶときは、柄や丈、アイテムの形に気を使ってただただ太く見えるようなことのないようにしましょう。

image35-768x1024

また、春といえばスカートの季節。注意したいのは、ひらひらふわふわがかわいいフレアスカートです。

フレアスカートは、太ももの悩みなどはカバーしてくれますが、おしりが大きいと悩む人にとっては鬼門です。
ふつうにウエストではくと、おしりの幅がかなり広がって見えてしまうアイテムですので、きをつけて下さいね!

ゆる×ゆるコーデと呼ばれる、上半身も下半身も大きめのアイテムを持ってきてゆるっとだぼっと着るタイプの組み合わせは、着痩せしたいなら避けた方がいいでしょう。

着こなせれば可愛いのですが、着る人がよっぽど細くないと太って見えるだけです。

1894_5_l

下半身着痩せテクニック1 細く見える色と柄・丈を知ろう

color2

細く見える色といえば、どんなものをイメージしますか?やはり、「黒」でしょうか。そう、それは正解です。

黒をはじめとする濃い色のファッションアイテムは、引き締まって見える効果があります。
でも、全身黒はちょっと待って。特に春という季節には野暮ったく、重く見えてしまうもの。
黒を取り入れるなら、一点投入がいいかと思われます。脚を細く見せたいなら、パンツやタイツなどが効果的です。

また、黒だと一点投入でも重すぎるという人は濃い目のネイビーなどもオススメのカラーです。黒よりも軽やかに、でも引き締まって見えます。

mig (7)

次に柄ですが、春といえば華やかな花柄のアイテムがたくさん出てきます。
花柄は、大きなものより主張控えめな小花柄のほうが着痩せ効果があります。

ドットなどにしても、柄は細かいほうがいいです。また、2016年春夏で流行すると言われている柄にペイズリー柄がありますが、これもできるだけ細かい柄を選びましょう。

ご存知のとおり、縞々の服を選ぶならボーダーよりストライプの方が細く見えます。

2717351_14_D_500

次に、丈ですが、これはカバーしたい部分によって変わってきます。

たとえばふくらはぎの太さが気になる人は、膝丈のスカートなどは避けたほうがいいでしょう。
ふくらはぎが逆に強調されて太く見えてしまいます。脚全体をカバーしたいというときも、パンツならクロップド丈やアンクル丈など、足首は見せる丈を選ぶと重心が下がりすぎず、綺麗に見えます。

スカートであれば、マキシスカートで全体をカバーするのもアリ。ふくらはぎに自信がなければ、膝丈よりはミニ丈の方がまだ細く見えます。



下半身着痩せテクニック1 デニムは濃い色の太めタイプを選ぼう

main_image

春のデニムといえば、白に近い色や淡い色の商品が多く出ますが、脚の太さで悩むなら選んで欲しいのは濃い目カラーのデニムです。

理由は、前の項目でも挙げたとおり、濃い目カラーの方が引き締まって見えるから。ブラックデニムとまではいかないまでも、インディゴカラーを選びましょう。

また、着痩せというとついついスキニーデニムを選んでしまいがちですが、脚がムチムチしているのはスキニーは逆にそれを強調してしまいます。

最近はおしり・ふとももに余裕があるボーイフレンドデニムやストレートデニムなどが流行しているので、選ぶならそっちの形の方がよさそうです。

imgrc0064057741

ふとももは少しゆるく、ふくらはぎにはぴったりフィットするようなテーパードタイプのデニムは、履いていて楽なだけでなく脚全体を細く見せてくれます。
足首を見せて、華奢なヒールなどを合わせるとほっそり効果はさらにアップ。

また、注目したいのは昨年から流行しているワイドパンツ・ガウチョパンツです。

デニムのワイドパンツ・ガウチョパンツも春になると多く発売されますので、春らしくて体型カバーもしてくれるワイドパンツ・ガウチョパンツは是非とも一枚は手に入れてみて下さい。

下半身着痩せテクニック2 スカートを選ぶなら丈感と生地・形を要チェック

imgdet_8126_266304_imgdet_org

スカートで着痩せしたいのであれば、丈感と生地・形にこだわるべきです。

スカートの丈には太く見えるNGゾーンがあります。それが、膝下5cm~ふくらはぎの半ばくらいまでのところ。
ここにスカートのすそが来ると、脚は太く見えてしまいます。

また、足首を覆い隠すのもNG。ロングスカートであれば足首が見えるくらいの長さ、ミニならひざ上5cm~10cmくらい。
着こなしの難しいミモレ丈ならひざの中心のふくらはぎの一番太いところの中間点ほどの丈にしておきましょう。

膝丈フレアスカートなどは、おしりやふくらはぎを気にしている人にはオススメしません。

8516910_33_D_500

また、履くときはスカートのはき口ができるだけ上に来るような、ハイウエストタイプの方が脚が細く、長く見えます。

また、生地は柔らかいものよりある程度のハリ感のあるものをオススメします。

柔らかい生地は体型を拾いやすいからです。ギャザーやパニエのように、柔らかい生地が重なっているようなタイプのスカートはウエストではくと腰回りにかなりのボリュームが生まれてしまうので注意しましょう。

デニム生地や固めのタイプの生地が脚痩せにはオススメです。

オススメのスカートの形は、ペンシル型や台形ミニです。

タイトなペンシル型スカートは脚の横幅を小さく見せますし、ハリ感のある台形ミニスカートは体型をひろわず、すっと伸びる長い足を演出してくれます。



下半身着痩せテクニック3 靴と小物にもこだわって目線を気になる部分から移す

9b336587d6cd7e8fadcf_460x460

下半身に直接作用するアイテム選びも大切ですが、忘れてはいけないのは靴・小物選び。

着痩せに効果的なアイテムを選ぶと、コンプレックスのある下半身から目線を外すことができたり、脚自体を細く、長く見せてくれる効果があります。

靴は、出来る限りスニーカーやスリッポン、全体が厚底になっているようなサンダルを避け、ヒールのあるものを選ぶと脚が長く見えます。

ヒールも太いものより細いもののほうが華奢感がでていいでしょう。足元が重くなりすぎないよう、明るい色のパンプスなどがオススメです。

また、アンクルストラップのあるサンダル・パンプスは歩きやすいだけでなく、足首を強調して細く見せてくれる効果があります。

mig (8)

ベルトを使うのもいい手です。ウエストをマークすることで、メリハリのある砂時計型の体型を印象づけることができます。

ウエストがあるだけで、女性らしくスリムに見えてくるものです。

ベルトは、細めのものより太めで皮やナイロン素材のもののほうがしっかり主張するのでいいでしょう。高い位置でしめることで、脚長効果も期待できます。

アクセサリーを選ぶのなら、春は軽やかに揺れるようなアイテムを選ぶといいでしょう。

人間の目線は、ゆれるアイテムにむくようになっています。揺れるピアスなどが身に付けやすいかと思います。

ネックレスやブレスレットを光をあつめる大ぶりのビジューやメタリックのものがよさそうです。目線を外してくれる効果があります。



>コンプレックスを上手にカバーしておしゃれを楽しもう!

modmomo

下半身、脚にコンプレックスのある人でもカバーしながら、上手に着痩せしてファッション自体を楽しむことができます。心も軽くなる春、自分の体型とうまく付き合いながらおしゃれもダイエットも楽しみましょう!

この記事をSNSでシェア

コメントする

人気記事