小豆ダイエットでむくみを解消!小豆のダイエット効果や小豆水ダイエットのやり方

「小豆水ダイエット」は、むくみを解消して、脚痩せやダイエット効果も高いと人気になっています。
今回は、小豆水ダイエットとはどんなものなのか?なぜ小豆の成分で痩せるのか?小豆水ダイエットのやり方は?などなど、小豆水ダイエットについて詳しく紹介していきます。
むくみやダイエットがうまくいかないことにお悩みなら、ぜひこの記事で小豆水ダイエットについて確認していって下さいね!

目次
小豆水ダイエットとは?芸能人も痩せた人気のダイエット方法
小豆水ダイエットのやり方は?簡単な小豆水の作り方をマスターしよう
小豆水ダイエットの効果とは?小豆に含まれるダイエット効果の高い成分を知ろう
小豆水のダイエット効果のある成分:脂肪を減らす「サポニン」
小豆水のダイエット効果のある成分:血糖値と脂肪をコントロール!「ポリフェノール」
小豆水のダイエット効果のある成分:パンパンなむくみを改善!「カリウム」
小豆のダイエット効果のある成分:「食物繊維」で便秘解消!
小豆水ダイエットで得られる効果のまとめ。ダイエットや健康にいい!
小豆水ダイエットを簡単に!「すらり美人の実」がオススメです
小豆水・小豆ダイエットで理想の身体に。ダイエットを成功させよう!

小豆水ダイエットとは?芸能人も痩せた人気のダイエット方法

小豆水ダイエットは、テレビ番組で北陽の伊藤さん(42歳)が挑戦したことで広く知られるようになりました。
伊藤さんのダイエット前の体型は身長158cmで体重67.6kgでしたが、小豆水ダイエットをやって1週間で、なんとマイナス3.6kgものダイエットに成功!
小豆水ダイエットで短期間ですらっとした体型を手に入れられたことで、一気に人気が出たんです。

また、AKBの島田晴香さんが小豆スープダイエットという似たような方法で体重3.1kg減、-8.6cmに成功したり、美容大国の韓国でもアイドルが実施してすらっとした体型になったり…芸能人が次々と小豆や小豆水ダイエットに成功しているんです。

今回の記事では、小豆でなぜダイエットできるのか?という効果の部分から、
小豆水ダイエットのやり方
など、小豆とダイエットについて詳しくご紹介していきます!

小豆水ダイエットのやり方は?簡単な小豆水の作り方をマスターしよう

まずは、一般的な小豆水ダイエットのやり方をご紹介します。
小豆水ダイエットは、その名前の通り小豆を茹でた汁を飲むダイエットのことです。
小豆水ダイエットで使う小豆水の作り方をご紹介します。

小豆水の作り方
材料:小豆 50g 水 500cc
材料を鍋に入れたら30分ほどかけてゆっくりと茹でるだけ!
ざるでこした液体部分が小豆水になります。

※圧力鍋だと加圧15分ほど。
※成分を残すために水にはさらさない
※日持ちしないので毎日作る必要があります

次に、この小豆水をどのように飲むか?という飲み方・やり方の部分をご紹介します。

小豆水ダイエットのルールとしては、

・1日3食の食事の前に必ず飲む
・飲んでから30分以内に食事をするタイミングで飲む
・1日のトータル300cc以上になるように飲む
・小豆水と一緒に茹でた小豆を食べても良い。

というものになります。

飲む時は、代謝を下げないためにもぬるめか少し温かい状態で飲むことをお勧めします。
おしるこのような風味ですが、砂糖は加えないようにします。
飲みにくい場合はコンソメを加えてスープにするのもオススメです。

また、食事から30分以内は必ず守って下さい。
小豆水ダイエットの血糖値コントロール効果が発揮できないことがあります。

残った小豆は食べることができます。
カロリーはそこそこあるので、茹で小豆の1日の摂取量は100g以下にとどめましょう。
ごはんやおかゆに混ぜたり、カレーに入れたり煮付けにしたりと色々と使えます。
小豆水を飲む量ですが、最低で300cc以上は飲みますが、1日に1Lは超えないようにしてください。
小豆水の飲み過ぎでお腹を壊してしまう可能性があります。

小豆水ダイエットの効果とは?小豆に含まれるダイエット効果の高い成分を知ろう

気になるのは、小豆水ダイエットでなぜ痩せるのか?というダイエット効果の部分ですよね。
小豆や小豆水に含まれている成分と、そのダイエットへの効果をご紹介していきます。

小豆水のダイエット効果のある成分:脂肪を減らす「サポニン」

小豆水には、「サポニン」という優秀なダイエット成分が含まれています。
大豆などに含まれることでも有名なサポニンには、血液中の中性脂肪を抑制するとともに、脂肪の代謝を促す作用があることがわかっているんです。

大豆にもサポニンは多く含まれますが、大豆は豆乳や豆腐などの加工品で食べることが多く、作られる過程でサポニンはほとんど失われてしまうんです…
小豆スープや小豆水ダイエットでは豆からそのまま抽出たものを飲むので、効率的にサポニンを摂取することができるんですね!

小豆水のダイエット効果のある成分:血糖値と脂肪をコントロール!「ポリフェノール」

小豆水に豊富に含まれるポリフェノールは、心臓病の予防やアンチエイジング、アレルギーの緩和など身体に様々な良い効果(抗酸化作用)があることで有名です。
ダイエットにも嬉しい効果があります。
小豆に含まれるポリフェノールには、脂肪吸収を抑制する作用と、血糖値の上昇を緩やかにする作用があります。その量は、ポリフェノール豊富で有名な赤ワインの2倍!

血糖値が急に上昇すると脂肪をため込むインスリンというホルモンが分泌されるため、太りやすくなることがわかっているのですが、
小豆水を食前に飲んでおくと、その後摂取した糖分によう血糖値の上昇を抑え、肥満を予防することができるんです。
小豆ポリフェノールは、美肌やアンチエイジングにも効果があるので、肌まで美しくなるような美容効果も期待できます。

小豆水のダイエット効果のある成分:パンパンなむくみを改善!「カリウム」

夕方には脚がパンパン!脱いだ靴下のあとがくっきり…と、むくみを実感されている方も多いかと思います。
特に女性はホルモンなどの関係でむくみやすいのですが、むくんでしまうと身体も辛いし脚も太く見えてしまうので、できればむくまないようにしたいですよね。
むくみは体内の塩分濃度が高まったとき、それ以上塩分濃度が上がらないように水分を溜め込もうとして起こることが多いです。
身体にたまってしまった水分(むくみ)を追い出すには、その原因であるナトリウムを排出することが必要。

小豆水に豊富に含まれるカリウムにはナトリウムを排出する働きがあるので、身体の余分な水分が排出されてむくみがすっきり!見た目もほっそりしてきます。
小豆には、むくみ解消効果の高いカリウムがドライプルーンの3倍含まれています。
また、小豆には血行をよくする効果もあるので、この効果によっても冷え性の改善やむくみの解消が期待できます。

小豆のダイエット効果のある成分:「食物繊維」で便秘解消!

こちらは小豆水というより、ゆで小豆を食べる場合ですが、小豆には食物繊維が豊富に含まれています。
小豆に含まれる食物繊維はほとんどが「不溶性食物繊維」で、便のかさが増し、便秘が解消されます。
ゆで小豆には、不溶性食物繊維がごぼうの2倍含まれていますので、食べ過ぎには注意しながらゆで小豆も食べるのがオススメです。

小豆水ダイエットで得られる効果のまとめ。ダイエットや健康にいい!

小豆水ダイエットでは、血糖値のコントロールができるポリフェノールや、脂肪を減らすサポニンを摂取することで痩せる効果が期待できます。
さらに、カリウムや血行促進成分でのむくみ解消、ゆで小豆による便秘解消など、デトックス効果も高いのですぐに見た目にも変化が出るんです。

他にも、小豆にはカルシウムやビタミンB、亜鉛などダイエットや健康・美容にいい成分がたくさん含まれています。
今日から小豆水ダイエットをはじめることで、すぐにダイエット効果を感じられるかもしれませんよ!

小豆水ダイエットを簡単に!「すらり美人の実」がオススメです

ダイエット効果の高い小豆水ダイエットですが、小豆を買って来なければならない・毎日小豆水を作らなければならないと色々面倒であるのも事実です。
そこでオススメなのが、すらり美人の実というサプリメントです。

すらり美人の実は、ダイエットに効果の高いあずきポリフェノールを、特殊な製法で抽出・濃縮したあずきエキスを配合しています。
そのあずきポリフェノールの量は、小豆そのものの26倍、赤ワインの32倍!

中国産とくらべてもポリフェノールの量が格段に多いという北海道産小豆から抽出された
すらり美人の実の小豆エキスは、カリウム・ビタミンB群・カルシウム・鉄分などが豊富に含まれていて、むくみ解消効果はかなり高いんです。

すらり美人の実には、他にもむくみ解消効果の高いコーンシルクや、クマザサエキスも配合しているので、あわせて効果を発揮してくれそうです。

簡単に小豆ダイエットをしてすらっとほっそりな身体を手に入れたいなら…
すらり美人の実というサプリが今、いちばんオススメですよ!

小豆水・小豆ダイエットで理想の身体に。ダイエットを成功させよう!

今回は、芸能人にも大人気の小豆水・小豆ダイエットについて詳しくご紹介しました。
身近な食材の小豆に、こんなダイエット効果があったとは驚きですよね!
今日からできる小豆ダイエットで、すらっと美人な身体を目指しませんか?

この記事をSNSでシェア

コメントする

人気記事