ストレッチはダイエットに効果ない?痩せる理由や効果的なストレッチ方法

ダイエットでストレッチをするといいと言われているけど…本当は効果ない気がする?
今回は、ストレッチはダイエット効果がないのか?それとも効果があるのか?…
痩せる理由を検証し、ダイエット効果の高い人気のストレッチ方法をいくつかご紹介してみたいと思います。

目次
ストレッチはダイエットに効果ない?
・柔軟性が上がると代謝も上がる
・身体の冷えやむくみを撃退して痩せる
・ストレス解消で痩せやすい身体に
ストレッチにダイエット効果がある・痩せる理由まとめ
ダイエット効果あり!簡単気持ちいいストレッチ4選
背中・二の腕痩せ&脂肪燃焼!肩甲骨はがしストレッチ
ぽっこり下腹を解消し腰も楽になる!上体反らしストレッチ
脚痩せにも!股関節をほぐす簡単ストレッチ
ヒップアップ&下半身痩せ効果の高い簡単ストレッチ
ストレッチを習慣にしてダイエットを成功させよう

ストレッチはダイエットに効果ない?

ストレッチは基本的に、身体の柔軟性を高める体操として知られています。
ダイエットにストレッチ!というようなこともよく聞きますが、実際にストレッチそのものにダイエット効果はあるのでしょうか。

・筋トレのように筋肉量を増やすのならわかるけどストレッチで痩せるの?
・有酸素運動のように脂肪が燃焼しているわけでもないのにダイエット効果ある?
・「ダイエットストレッチ」として紹介されているものはほぼ筋トレな気がする
・身体を伸ばす・柔らかくするだけで痩せる理由がわからない

…つまり、身体を柔らかくするだけでのストレッチはダイエット効果ない?

お先にお答えしましょう。
筋トレではない、「ストレッチ」にもちゃんとダイエット効果はあります!
今回は、ストレッチのダイエット効果や痩せる理由と具体的にダイエット効果の高いストレッチのやり方をご紹介していってみます。



ストレッチのダイエット効果・痩せる理由:柔軟性が上がると代謝も上がる

あなたは肩を思いきりぐるぐる回したり、脚を大きく広げて座ることができますか?
体が硬い状態というのはすなわち、「筋肉の柔軟性が低く、体の代謝が低下してしまい、痩せにくく太りやすい身体」になっているということ!

具体的に説明すると…

身体が固くなり関節を動かしにくくなる
→体の可動域(本来動かすことのできる範囲)が狭くなる
→筋肉が硬いとその働きも鈍くなり血行が悪くなる
→筋肉は血液の流れを促す働きをしているため、身体が硬いと血行そのものが悪くなってしまう

血行が悪くなると、身体の代謝は下がり、太りやすい体質に…さらに脂肪燃焼の効率まで下がってしまうんです。

逆に、ストレッチだけでも実際にやってみると
身体がポカポカ暖かくなるのを感じられるはず。

これは血行がよくなり、痩せ体質に近づいているという証拠でもあるんです。

代謝の高い痩せ体質をつくるのはダイエットには重要。
ストレッチは、柔軟性を高め代謝を上げ、痩せやすい身体をつくる効果が期待できるんですね!



ストレッチのダイエット効果・痩せる理由:身体の冷えやむくみを撃退して痩せる

身体が硬いと、「冷え・むくみが起こりやすくなる」ということもわかっています。

体が硬いと血流が悪くなり代謝が低下することは前項で紹介しましたが、身体の余分な水分や老廃物を流す「リンパ管」の流れも悪くなるんです。

こうなると、身体に余分な水分が溜まってしまってむくみが生じたり、末端の血流が滞って冷えも悪化するなど、ダイエットだけでなく美容にも健康にも悪影響がでてきます。

むくむとそれだけで太く見えますし、冷えも悪化。
むくみや冷えがおこるとますます代謝も下がり、セルライトなどの大きな原因になっていることもわかっていますので、むくみや冷えはダイエット中は気をつけなければなりません。

ストレッチで身体を柔らかくすることで血行・リンパの流れがよくなると、自然とむくみや冷えも解消されやすくなり、ダイエット効果を得ることができるかもしれません。



ストレッチのダイエット効果・痩せる理由:ストレス解消で痩せやすい身体に

ストレッチを夜寝る前に行うことで、身体のコリがほぐれ疲れも軽減されると
「副交感神経」が優位になり、リラックス効果が得られます。
ストレスが解消され安眠効果も高まるため、食欲の暴走やダイエット中のイライラも抑えられる効果が期待できるんです。

また、アンチエイジングに欠かせず脂肪燃焼効果もある「成長ホルモン」は、夜10時頃から夜中の2時頃、睡眠中に一番多く分泌されます。
寝る前のストレッチで睡眠の質が高くなると、それだけで成長ホルモンは分泌されやすくなるんだとか。

ストレスや睡眠面までストレッチでケアして、痩せ体質が目指せちゃうんですね。



ストレッチにダイエット効果がある・痩せる理由まとめ

ダイエットにおける運動で代表的なのが
代謝をアップさせて身体を引き締める筋トレや、脂肪を燃焼する有酸素運動。
確かに、ストレッチはハードな運動ではないのでこういった運動と比べると痩せる効果は低いかもしれません。

しかし、ストレッチはダイエットに全く効果ない!というわけではなく、

・血行がよくなることによる代謝アップ効果
・むくみ・冷えの解消効果
・ストレス解消や睡眠の質アップ

などのダイエット効果があることは確か。
日常生活にストレッチを取り入れることで、今より太りづらく痩せやすい健康的な身体を手に入れられるかも!

ダイエット効果あり!簡単気持ちいいストレッチ4選

ここからは、実際に代謝アップ効果や冷え・むくみ解消効果の期待できるストレッチのやり方を具体的に紹介してみます。
それぞれのポイントなども参考にしながら、お家でぜひやってみて下さいね。

また、家でダイエットのためにストレッチをやるなら、お風呂上がりの血行のいいタイミングがオススメ。

身体が硬いうちは無理はせず、効いているのを感じながらできる範囲でストレッチを行いましょう。



背中・二の腕痩せ&脂肪燃焼!肩甲骨はがしストレッチ

1.準備運動として、まずは顔を正面に向けたまま首を横に倒し、30秒キープします。
2.反対側も同様に行ったら、肩甲骨を閉じるエクササイズの開始です。
3.両腕を肩の高さまで上げ、手の平を上に向けます。
4.肘を90度に曲げたら、肘を後ろに引き肩甲骨を下げます。
5.肩甲骨が下がり、背骨に近いところに寄せたら、5秒キープします。
6.これを10回繰り返します。

このストレッチのダイエット効果とポイント

「肩甲骨はがし」は、整体院などでもよく行われ、凝り固まった肩甲骨をほぐし可動域を広げる効果があります。肩こりや猫背や巻き肩を解消しすっきりさせてくれるんです。
また、肩甲骨の中心には「褐色脂肪細胞」という脂肪を燃焼させる脂肪細胞があり、肩甲骨まわりを動かすことでこれが活発になることがわかっています。
背中・肩・二の腕などをケアしながら脂肪燃焼もできる肩甲骨はがしストレッチはぜひ毎日の日課にしてくださいね。



ぽっこり下腹を解消し腰も楽になる!上体反らしストレッチ

1 軽く脚を広げた状態でうつぶせに寝る
2 両手で床を押し、上半身を軽く持ち上げる
3 あごを反らし、お腹前側の筋肉が伸びているのを感じる
5 そのままゆっくり5呼吸

このストレッチのダイエット効果とポイント

もし腰に痛みを感じたら、無理せず痛くない位置で行いましょう。
お腹まわりの大きな筋肉を伸ばし、ほぐすことで下腹ぽっこりの解消や便秘解消にも繋がり、腰も楽になるストレッチです。
頭を下げず、あごをそらすようにしてしっかりおなかを伸ばすよう心がけて。



脚痩せにも!股関節をほぐす簡単ストレッチ

1.右手を壁に添えて、左手は腰に手を添えます。
左足を、脚の付け根から前後に10往復程度ぶんぶん大きく振ります。
股関節の付け根部分をしっかり伸ばすように意識し、壁に添える手をかえて反対側も同様に行います。

2.次に壁に向かって立ち、両手を壁に添えて、左脚を左右に振ります。
10往復程度行ったら反対側も同様に行います。

3.最後に右手を壁に添えて、左の脚の付け根から膝で大きな円を描くように右回しを10回程度行ったら、左回しを10回。
壁に添える手を替え、右足も同様に行います。

このストレッチのダイエット効果とポイント

股関節は上半身と下半身を結ぶ重要な関節で、余分な水分や老廃物を運ぶリンパも集中しているので、老廃物が溜まりやすい場所。
このストレッチでしっかり股関節を動かし、可動域が広がるとリンパの流れが整い血行もよくなって脚のむくみや冷えの解消・ダイエット効果が期待できます。



ヒップアップ&下半身痩せ効果の高い簡単ストレッチ

1 膝を直角に立てて座ります。足は腰幅よりやや広めに開いておきます。
2 両手をお尻より後ろについて上体を支えます。
3 姿勢は2のまま左脚だけ動かします。右ももの上に左足首をのせて下さい。
4 左の股関節をしっかり開いて下さい。
5 この姿勢のまま、上体を脚の方へと倒しましょう。
6 お尻や腰が伸びているのを意識してください。
6 この状態を10秒キープしたら、反対側も同様に行ってください。
7 最後に上体を脚がわに倒すとき、背中が丸まらないように意識してください。

このストレッチのダイエット効果とポイント

太もも痩せやおしり痩せの効果の高いストレッチです。
股関節などだけでなく、普段のびにくいおしりや太ももの外側の筋肉を気持ちよくのばし、むくみ・冷えを解消します。
本当にこのストレッチはヒップアップできるので、できる人は毎日やってみて下さい!
一回やるだけでもヒップアップできると話題になっています。



ストレッチを習慣にしてダイエットを成功させよう

ストレッチはダイエットに効果ない…?いいえ、そんなことはありません!
少なくとも、やらないよりやったほうがダイエットにも健康にも効果があることは間違いないので、自分のペースでできる範囲内で、ストレッチを習慣にしませんか?
冷え・むくみ・コリのないほぐれた身体で痩せるための最低条件をクリアしましょう。

この記事をSNSでシェア

コメントする

人気記事

オススメサイト