メタボ・おなかが出る原因になる!内臓脂肪って何?内臓脂肪の減らし方とは

( 更新)

Fotolia_49696600_Subscription_XXL

内臓脂肪って聞いたことはありますか?なんと、これがおなかが出てしまう原因になるんです。皮下脂肪となにが違うのか?どうしたら内臓脂肪を減らし、ダイエットすることができるのか?調べてみました!

目次
突き出たおなかの原因!?内臓脂肪ってなに?
内臓脂肪は女性より男性につきやすい?
内臓脂肪の恐ろしさ
自分は内臓脂肪がついている?内臓脂肪レベルの知り方
朗報!?内臓脂肪は落としやすい
内臓脂肪の落とし方
内臓脂肪を落とす食生活
内臓脂肪を減らすのにオススメな食べ物
青魚のサプリメント「きなり」
おわりに

突き出たおなかの原因!?内臓脂肪ってなに?

img (2)

メタボリックシンドローム。もしくは、内臓脂肪症候群という言葉を聞いたことはありますか?メタボ=ただのデブってわけじゃないんです。

メタボリックシンドロームとは、複数の病気や異常が重なっている状態を表します。
どういう状態かというと、腸のまわりや腹腔内にたまる「内臓脂肪の蓄積」によって、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病の重なりが起こっていることを示しています。

中年男性に多いのですが、もちろん女性にも発症します。
この内臓脂肪とはどのようなものでしょうか?

01_1_2 (1)

ダイエットといえば体重を落とすこと、と思っていた人も少なくないでしょう。しかし、体のこと、健康のことを考えたダイエットというのは、体脂肪を落とすこと、そしてあわせて内臓脂肪を落とすこと、と言われ始めてきました。

内臓脂肪とは、内臓の周囲、腹筋の内側、腸間膜や大網といった腹膜の表面につく脂肪のことを指します。つまり、腹筋の内側についている脂肪のことです。

このように、内臓(おなかまわり)にばかり脂肪がつくので、でっぷりと出たおなかの原因にもなるのです。メタボといえば、突き出たおなかのイメージがありますよね。

内臓脂肪は女性より男性につきやすい?

0-36

内臓脂肪は、ホルモンの関係で男性の方がたまりやすいといわれています。
内臓脂肪がたまる原因となる、高カロリー・高脂肪、食べ過ぎ、は男性の方が多いのも内臓脂肪がたまりやすい原因になっているのでしょう。メタボへの警告が中年男性にばかり行われるのも納得がいきますね。

ちなみに、筋肉の上、皮膚の下につく皮下脂肪は圧倒的に女性のほうがつきやすいです。

では、なぜ、皮下脂肪は女性につきやすく、内臓脂肪は男性につきやすいという違いがあるのでしょう?

それは男性ホルモンと女性ホルモンの違い、役割や働きの違いにあります。

男性ホルモン
筋肉量を増やすとともに、内臓脂肪を蓄積させる働きがあります。
男性は筋肉が体重に対して女性より多いため、筋肉を動かすエネルギーとなる内臓脂肪を持ちやすい傾向にあります。
女性ホルモン
女性ホルモンは内臓脂肪よりも皮下脂肪を蓄える傾向にあります。
皮下脂肪は体の熱が逃げないようにする保温の役割と、内臓を外からの衝撃から守る働きがあります。また、皮下脂肪は子宮や卵巣などの臓器を守るため、下腹やお尻、太ももにつきやすいいです。

内臓脂肪の恐ろしさ

内臓脂肪は、ただおなかを突き出させて太って見えるというだけでなく、さまざまな恐ろしい病気の原因になる可能性があります。
メタボリックシンドロームなどと呼ばれ、問題視されているのはこのためです。

内臓脂肪が過剰にたまると…

・内臓脂肪から分泌される生理活性物質(アディポサイトカイン)に異常が生じる
・インスリンの作用に異常が生じ、高血圧や脂質代謝異常、高血糖などを発症する
・内臓脂肪をそのままにすると、動脈硬化を進行させ、脳血管障害や心筋梗塞など、生命に関わる病気になる

などの症状を引き起こすことがあります。また、内臓脂肪が多くたまった状態を内臓肥満といいますが、この内臓肥満の状態は。インスリン抵抗性や糖尿病などの病気と深く関係することが分かっています。

内臓脂肪は外から見ただけでは分かりにくい部分についていて、やせているからといって、内臓脂肪が少ないとは限りません。
スリムな人でも、不規則な生活や運動不足、高カロリーの食事をしていると内臓脂肪がたまっているかもしれないので要注意ですよ。

自分は内臓脂肪がついている?内臓脂肪レベルの知り方

h0818_c

つまんだり触ったりできないのが内臓脂肪。実際どのくらいついているのかを知るためにはどうすればいいのでしょうか?

病院での健康診断診断や、CTスキャンなどで知ることができますが、いちいち病院に行くのはちょっと…という感じがしますよね。

そんな方は、内臓脂肪レベルや内臓脂肪量をはかることができる体重計・体組織計を買うのがおすすめです。

代表的なのはオムロンの体組織計です。オムロンでの体組織計では「内臓脂肪レベル」をはかることができます。

ちなみに内臓脂肪レベル判定の目安は、

標準 1~9(0.5~9.5)
やや高い 10~14(10.0~14.5)
高い 15~30(15.0~30.0)

となっています。

乗るだけで自分の内臓脂肪レベルをはかることができますし、内臓脂肪を減らすダイエットの経過を知るためにも、手元に内臓脂肪レベルをはかれる体組織計を置いておいた方がいいかもしれませんね!

朗報!?内臓脂肪は落としやすい

w621_woman_happy

そんな恐ろしい内臓脂肪。なんと、内臓脂肪は比較的落としやすいということがわかっています。

内臓脂肪は年齢とともに増加していきます。その原因として

・インスリン抵抗性の増加
・基礎代謝の低下
・運動などで消費されるエネルギーが減少する

などがあげられます。

内臓脂肪は代謝が活発なのでつきやすく、落としやすいという特徴があります。

内臓脂肪と皮下脂肪、どちらも体にとって必要な脂肪であることに違いはありません。ただ、それぞれ特徴や働きに違いがあります。その性質上のちがいから、皮下脂肪は「定期預金」、内臓脂肪は「普通預金」といわれます。

これは、比較的つきにくいけれど皮下脂肪は減りにくく、内臓脂肪はつきやすく、減りやすいという違いからきています。

内臓脂肪の落とし方

lgi01a201402151500

内臓脂肪は運動療法、食事の制限などで落とすことが可能です。

ただ、落としやすいということは、遊離脂肪酸(血中に脂肪が溶け出すときにとるかたち)として血液中に溶け出しやすいということでもあるので、余分な脂肪分が血液中に流れ、高脂血症や高血圧、糖尿病などの原因になりかねません。

内臓脂肪がたまる前に、内臓脂肪がつかない生活習慣、食生活をし、内蔵脂肪の予防をすることが大切です。

運動は、通常のダイエットと同じく有酸素運動と筋トレをバランスよくするのが大切です。

とくに、有酸素運動は血中に溶け出した脂肪を燃焼させるためには必要不可欠。

毎日30分以上のウォーキングやランニングを習慣にしてみましょう。続けてやることが大切です。

内臓脂肪を落とす食生活

d059c46f

内臓脂肪を落とすために、食生活の改善をしてみましょう。内臓脂肪をつきやすくする食事は、

・高カロリー・高脂質の食事
・食べ過ぎ

があります。まずは、食べ過ぎをふせぐため、常に食事は腹八分目でとどめておくことが大切です。満腹になるまで食べるクセがある人にとっては、効果が抜群でしょう。

次に食事全体のカロリーを減らしましょう。
揚げ物や、脂肪分の高い肉を好んで食べるのであれば、それらは真っ先にカットすべきです。
食事のメインを、肉から魚に変える、せめて皮と取り除いた鶏肉に変えるなどしましょう。

また、脂肪にかわるのは脂質だけではありません。

糖質も、脂肪に変わります。ごはん・パン・麺などの炭水化物を、摂取しすぎないように注意してください。高血糖の原因にもなってしまいますよ!

内臓脂肪を減らすのにオススメな食べ物

積極的に摂るのをオススメするのは、食物繊維が豊富な野菜類です。

キャベツなどが、手に入りやすくていいですね!低カロリー、もちろん低脂質で、食べた時の満足感も得られやすいですし、便通をよくし、腸のぜん動活動を活発にします。
腸のぜん動活動が活発になることで、腸のまわりについた内臓脂肪をエネルギーとしても使うのです。

また、オメガ3系の油を摂取することがオススメです。

油!?油を摂ると余計に脂肪になってしまうのでは?と思われるかもしれませんが、実はその逆です。良質な油の摂取は、脂肪燃焼のためには必要であることが研究で分かっています。

20140605-09

その良質な油というのがオメガ3系です。オメガ3系というのは青魚に含まれる魚油や、最近話題のエゴマ油、アマニ油などが含まれます。
これらのオメガ3系の油を積極的に摂ることで痩せるホルモンにスイッチが入り、内臓脂肪を減少させるといわれています。

青魚(イワシ・サバ・サンマなど)を積極的に食べる、アマニ油やエゴマ油を食事に取り入れるなどすることでオメガ3系の油を摂取することはできます。
ただし、オメガ3系の油は酸化しやすいという特徴がありますので、魚は新鮮なうちに、アマニ油やエゴマ油は加熱せずにそのまま使う、という注意が必要です。

アマニ油やエゴマ油を使う際は、サラダのドレッシングにしたり、そのまま飲むようにしたほうがよさそうです。

青魚のサプリメント「きなり」

ただ、アマニ油やエゴマ油には独特の風味がありますし、青魚は魚独特の臭さがあって、苦手な人も多いです。そんなときは、サプリメントで摂取することをオススメします。



青魚に含まれる良質な油やDHA、EPAを酸化させずに効率的に摂取できるサプリメントに「きなり」があります。

きなりは、青魚を原料として現代人に足りていない栄養素を効率的に摂取できるだけでなく、内臓脂肪の蓄積によってドロドロになった血液をサラサラにするナットウキナーゼという成分も配合しています。内臓脂肪を減らすためには効果的なサプリメントだといえそうですね!

「きなり」は、他のDHA,EPAサプリメントとは違って、全く魚臭くなく、飲みやすいのが特徴です。内臓脂肪を減らすため、健康の維持のために是非飲んでみてくださいね!

内臓脂肪をへらしておなかをひっこめよう!

diet6-300x243
おなかが出るだけでなく、恐ろしい病気の原因にもなる内臓脂肪。ダイエットをしだすとすぐに減っていくものでもあるので、体組織計などで毎日はかりながらダイエットをすすめてどんどん減らしましょう!おなかもすっきり、健康的になれますよ!

この記事をSNSでシェア

この記事へのコメント

  • はちこ

    腎盂腎炎で昨年入院してたのですが内臓脂肪減らすサプリだいじょうぶですか?

    • dayoslimslim

      サプリメントやダイエットは、健康に不安があれば医師に相談してから取り入れるのが大切です。
      大丈夫な成分・ダメな成分などもあるかもしれませんのでお医者様に相談したのち、自分の健康を大切にしながら内蔵脂肪を減らすダイエットに取り組んでみて下さい。
      どうか、お身体を大切に!

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

人気記事

オススメサイト