効果的に脂肪燃焼してダイエットを成功させる方法。4つのポイントをおさえて痩せる!

脂肪燃焼、それはダイエットにとって最も大切なこと…だからこそもっと効率的に脂肪燃焼して、早くダイエットを成功させたいと思いますよね。
今回は、脂肪燃焼のメカニズムと、効率的に脂肪燃焼させるために知っておきたい4つのポイントをご紹介します。
これを知っているだけでみるみる脂肪燃焼して痩せられちゃうかも!
脂肪燃焼の基礎知識と目からウロコな効率的な脂肪燃焼方法をチェックして下さいね。

目次
脂肪と脂肪燃焼に関わる基礎知識。知ることでダイエットが変わる!
肥満と脂肪の基礎知識。肥大した「白色脂肪細胞」がブヨブヨの原因
脂肪燃焼のメカニズムとは?溜まった脂肪を分解・燃焼してダイエット
脂肪燃焼を効率的にする方法:ホルモン分泌を盛んに。インスリンには気をつけて
脂肪燃焼を効率的にする方法:脂肪燃焼する褐色脂肪細胞を味方につける
脂肪燃焼を効率的にする方法:運動で効率的な脂肪燃焼したいならコレ!
脂肪燃焼を効率的にする方法:食事で脂肪燃焼!必要であればサプリにも頼って
脂肪燃焼を効率的に。メラメラ燃やしてスピーディーに痩せよう!

脂肪と脂肪燃焼に関わる基礎知識。知ることでダイエットが変わる!

ダイエットにおいて重要な脂肪燃焼。
まずは、「脂肪ってそもそもどんなもの?」という部分から、脂肪が燃焼されるメカニズムについて簡単にご紹介してみます。
これを知っておくのとそうでないのでは、ダイエットの成果にも差が出てくるはずですよ。



肥満と脂肪の基礎知識。肥大した「白色脂肪細胞」がブヨブヨの原因

脂肪燃焼について知る前に、まずは、「脂肪」についての基礎知識から。
人間の体には60兆個の細胞があり、そのうちの一種が「脂肪細胞」で、250億個~300億個あるといわれています。
脂肪の合成、分解、蓄積はこの脂肪細胞の中で行われているのです。

脂肪細胞には「白色脂肪細胞」(WAT)「褐色脂肪細胞」(BAT)の二種類があり、それぞれに役割が異なります。
ですが、脂肪燃と聞いて思い浮かぶ、おなかや太ももなどにたっぷりついたソレは「白色脂肪細胞(WAT)」。
白色脂肪細胞体の大半の脂肪細胞で、余ったエネルギーを脂肪として体内に蓄積する働きがあります。
妊娠末期の3カ月(胎児期)・ミルクで育つ乳児期・思春期に集中して増殖する細胞で、一度作られると数は減少しません。

そして、白色脂肪細胞は食事のとりすぎや運動不足などで最大15倍まで膨らみ、脂肪太りの原因となります。
脂肪細胞そのものの数を減らすことはできません。
ですので、ダイエットというのは脂肪を減らすというのは肥大した脂肪細胞から無駄な脂肪を燃焼させ、小さくしていくことなんです。



脂肪燃焼のメカニズムとは?溜まった脂肪を分解・燃焼してダイエット

たまった脂肪を分解・燃焼し、エネルギーとして放出することが、肥満の解消につながります。
では、脂肪はどのようにして燃焼するのでしょうか?
脂肪燃焼のメカニズムについて、できるだけ簡単にご紹介します。

脂肪燃焼のメカニズム

活動エネルギーが必要な状態(有酸素運動や空腹など)になる

脳が脂肪を分解してエネルギーを生成するよう命令を出す

ノルアドレナリンやアドレナリンなどの「脂肪動員ホルモン(アデポキネチックホルモン)」が分泌される

白色脂肪を分解する酵素「リパーゼ」が活性化する

脂肪が分解され、グリセロールと遊離脂肪酸となり血液中に放出される

全身の筋肉で脂肪酸がエネルギーとして燃焼される

このように、脂肪がエネルギーとして必要になると分解され、燃焼して放出されるという段階を踏んで脂肪燃焼はされます。
しかし、このステップ中…例えばホルモンの分泌や脂肪の分解・燃焼の部分でその効率が悪くなってしまっていると、脂肪燃焼がうまくいかないことも。
効率的に脂肪燃焼させるために何が必要なのか?4つのポイントをご紹介していきます。



脂肪燃焼を効率的にする方法:ホルモン分泌を盛んに。インスリンには気をつけて

脂肪燃焼は、おなかがすいたらメラメラ燃える!というような単純なものではありません。
さまざまなホルモンによって脂肪の代謝は叶えられるんです。
ホルモンとは体内の決まった場所で作られたり分泌されたりする、決まった仕事を行う物質のことです。

たとえば体脂肪を分解し、血中に流す脂肪燃焼の第一歩はリパーゼという酵素のはたらきによるもの。
そのリパーゼをうまく働かせてやるためにはホルモン(インスリン、グルカゴン、ノルアドレナリン、アドレナリン、副腎皮質刺激ホルモンなど)をまずは分泌させなければなりません。

これらのホルモンを分泌させるためには中程度の30分以上の運動を行うことが大切になります。
ウォーキングやジョギング、ジムでの有酸素運動などは必ず30分以上継続し、効率的に脂肪燃焼をさせましょう。
また、ストレスや暴飲暴食、寝不足などでホルモンの分泌がされづらくなったりバランスが崩れることも。
健康的で規則正しい生活がベースにあってこそ脂肪燃焼効率もあがります。



特に気をつけて欲しいホルモンは、「インスリン」
食事によって血糖値が急激に上昇した時、血液はドロドロの状態になり動脈硬化を促進します。
インシュリンは血液中の糖を除くように全身の細胞へ指令するはたらきをもっています。決して悪いホルモンではないのですが…

インスリンは、食べた炭水化物や糖を優先してエネルギーにし、体内に蓄積された体脂肪は燃焼されにくくなります。
また、過剰分泌されることで消費されなかった分の糖質を脂肪細胞に取り込んで蓄えようようと促すような作用があります。
 結果的に、インスリンが多く分泌されると脂肪の燃焼は抑制され、体脂肪が増えることになるので、
効率的に脂肪燃焼したい方はインスリンとの付き合い方を考える必要がありますよね。

インスリンは、急激に血糖値が上がることで過剰分泌されます。例えば、空腹時にいきなり炭水化物をたくさん食べた時など。
血糖値を緩やかにすれば、インシュリンの過剰分泌も抑えられ、血糖が体全体に行き渡り、エネルギーとして消費されます。
脂肪として蓄積されにくくなりますし、脂肪燃焼を妨げるということにもならないでしょう。
食事のさいは野菜などから食べるようにする・血糖値をコントロールするサプリやトクホに頼るというのも、実は脂肪燃焼の近道なのです。



脂肪燃焼を効率的にする方法:脂肪燃焼する褐色脂肪細胞を味方につける

脂肪燃焼を効率的にするポイントの2つめは、「褐色脂肪細胞(BAT)」を増やしたり活発にさせるということ。
この褐色脂肪細胞、脂肪の基礎知識のところで出てきましたよね。

脂肪を蓄える「白色脂肪」に対して、「褐色脂肪」は、人間の体温を保持するために熱を出してエネルギーを消費する役割を持っています。
首の後ろ、わきの下、肩甲骨といった限られた部分に少ししかついていないことがわかっています。

褐色脂肪は寒冷刺激を与えることで活性化されます。
水泳を行ったり、褐色脂肪のある首の後ろや背中に冷水を当てたりすると良いでしょう。
運動の前後のシャワータイムを利用して冷たい刺激を与えると脂肪燃焼効率や運動効率もアップ!

また、褐色脂肪がついている部分を刺激を与え、柔軟性を持たせて柔軟性を持たせ可動域を広くすると、褐色脂肪細胞が活発に働きだします。
肩甲骨のストレッチをしたり気づいたら肩回しをしたり…こんな動きで、もっと効率的に脂肪燃焼できるようになるかもしれません。



脂肪燃焼を効率的にする方法:運動で効率的な脂肪燃焼したいならコレ!

効率的に脂肪燃焼させるには、運動が大切であるということはお伝えしていますが…
ただがむしゃらにハードな運動をする、というだけでは効率的に脂肪燃焼できているとはいえないかも。

まず、有酸素運動は脂肪燃焼には欠かせないもの。ダイエットとなると有酸素運動しかしないという方も多いかもしれません。
しかし、無酸素運動…いわゆる筋トレもぜひやって欲しいのです。
筋肉をつけることで代謝もアップし見た目も引き締まるので、ダイエットにいい影響があるのは間違いありません。
無酸素運動をすると、脂肪を分解・燃焼するホルモンが多く分泌され、筋トレ後に有酸素運動をすることでより効率的に脂肪燃焼できることがわかっています。



よって、脂肪燃焼をより効率的にする運動の例をあげてみますと…

ウォーミングアップやストレッチ

筋トレ(ジムマシンやスクワットなど)

中程度の有酸素運動を30分以上継続

となるでしょう。
とにかく、脂肪燃焼を効率的にしたいのなら筋トレを先にしておくのが正解です。

また、有酸素運動はただただ走る・動くというより、2.30代の女性なら心拍数120~140くらいの楽すぎずきつすぎない運動を継続することが大切です。
30分以上継続することで脂肪燃焼ホルモンも分泌されより脂肪燃焼もしやすくなるので、
少なくとも30分以上、できれば1時間ほどはやりましょう。
脂肪燃焼ダイエットのため運動をするのであれば、より効率的に賢くやりたいですよね!



脂肪燃焼を効率的にする方法:食事で脂肪燃焼!必要であればサプリにも頼って

効率的に脂肪燃焼をしたいのであれば、もちろん食事にも気を配ることが必要です。
体脂肪のもとになる糖質や脂質をとりすぎないというのは、ダイエットでの基本。
ホルモンの項目でも挙げたように、野菜を先にとるなどして血糖値の急激な上昇を防ぐことで脂肪燃焼を妨げるインスリンは過剰分泌しにくくなります。

また、食事から摂取するビタミンやミネラル、さまざまな栄養素が脂肪燃焼を効率的にすることがわかっています。
例えば、肉類やナッツなどに含まれる「ビタミンB群」は、糖質の代謝を高めたり脂肪燃焼する効果があることがわかっています。

また、牛肉などに含まれる「カルニチン」は、脂肪をミトコンドリアに運ぶ働きをしていて不足すると脂肪燃焼効率が悪くなると言われています。
他にも、代謝をあげて血行をよくするトウガラシのカプサイシンなども脂肪燃焼を効率的にします。

普段の食生活で、脂肪燃焼を効率的にする栄養素がしっかり摂取できているかが不安なら…サプリや栄養補助食品に頼るというのもひとつの手です。



例えばこの脂肪燃焼サプリ「スリムバーン」は、脂肪燃焼を効率的にする栄養成分がぎっしり!

身体を温めるブラックジンジャー、脂肪燃焼を助けるカプサイシンやフォルスコリ、脂肪燃焼に欠かせないアミノ酸豊富で美肌を保つプロリンなど…
食事で摂るのが難しいメラメラ燃やしてスッキリ痩せる成分が凝縮されているんです。

「スリムバーンを飲んでから体脂肪率の減り方が違う」「すぐ身体があったまるし痩せる!運動前に欠かせない」というような口コミが寄せられています。

スリムバーンは脂肪燃焼系サプリに必要な成分を凝縮した、まさに燃やすためのサプリ。
なんとなく脂肪燃焼の効率が悪いかも?と思ったらスリムバーンのようなサプリに頼ることで効率的な脂肪燃焼が叶うかもしれませんよ。

脂肪燃焼を効率的に。メラメラ燃やしてスピーディーに痩せよう!

今回は、ダイエットに重要な脂肪燃焼の基礎知識や、効率的に脂肪燃焼するためにおさえておきたいポイントなどをご紹介しました。
ここでご紹介したことを普段の食生活や運動に活かすことができれば、より効率的に脂肪燃焼ダイエットを成功させられるはず!
今日から生活をみなおして、メラメラ燃える毎日を実感してみませんか?

この記事をSNSでシェア

コメントする

人気記事

オススメサイト