生理中に太らない・痩せる理由は?|食べ過ぎの影響や生理とダイエットの関係性

ダイエット中も来る生理。生理とダイエットの関係は色々と言われていますが、「生理中には太らない」「生理で痩せる」というような人もいるかも。
今回は、生理中に痩せる・太らない原因や、生理中の食べ過ぎが及ぼすダイエットの影響や生理を利用して痩せる方法などをご紹介してみます。

目次
生理中には太らない・生理で痩せるってありえる?
生理と痩せる・太るの関係。普通はこうなる
生理周期を整えることもダイエットには大切
なぜ生理前や生理中に太らない・痩せるということがあるのか
生理中にむくみがとれて体重が減ったように見える
生理がデトックス期間になって太りづらい
生理前・生理中は代謝がアップしているから痩せやすい
体重は増えないし…生理中・生理前の食べ過ぎはOK?
生理前や生理中のダイエットで痩せるには?
生理とうまく付き合ってダイエットを成功させよう

生理中には太らない・生理で痩せるってありえる?

生理とダイエットの関係についてはすでに色々な説があります。
その中で多いのが、「生理前・生理中は太る」「生理前後は痩せられない」というようなものではないでしょうか。

しかし…
「私は生理前にがっつり食べても太らない」
「生理中はどんどん痩せていく」という方も中にはいるようです。

実は筆者もそのひとり。これってありえるの?この期間は食べすぎても大丈夫なの?ダイエット中の生理期間はどう過ごすべき?
…気になりませんか?

今回は、生理前や生理中に太る・痩せる原因や、生理前~生理中~生理が終わるまでの過ごし方、生理とダイエットの関係などを紹介してみます。



生理と痩せる・太るの関係。普通はこうなる

生理中や生理前に食べ過ぎても太ってない・痩せるという方になにが起こっているのか?を紹介する前に、生理とダイエットの関係や、ダイエットにも関わる女性の身体の仕組みについてご紹介してみます。

生理周期で痩せやすく・太りやすくなるのはホルモンによるもの

なぜ生理とダイエットに関係があるのか?それを見てみると…

実は、生理周期に合わせて女性ホルモンの量が変化することで、女性の身体は痩せやすくなったり、痩せにくくなったりすると言われています。

ダイエットに関係している主なホルモンは、生理と深い関わりを持つ、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つ。

エストロゲンは、生理周期をつかさどり、妊娠の準備を整えたり、女性らしい身体を作ったり、肌をきれいにしたり、代謝をよくするなどの役割を持っています。
排卵期(生理終了から約1週間後)を過ぎたあたりから、徐々に量が減少していくと言われています。

プロゲステロンは、排卵期から生理前までに多く出され、本来は妊娠を維持するためのホルモンでこれも身体には必要なもの。
しかし、妊娠に備えて、栄養や水分を体内に備蓄する役割があるため生理前や生理中のむくみの原因となると言われているホルモンです。

この、生理や女性の身体に関わる2つのホルモンの影響で、脂肪燃焼のしやすさや筋肉のつきやすさ、体内の水分量や代謝・メンタルに変化が現れるんです。

痩せやすい時期→生理後2週間 太りやすい時期→そこから生理まで

ダイエットに最も適しているのは、エストロゲンの量が増えてくる、生理の終わり頃から約2週間の間だと言われています。

生理開始日を1日目とすると、生理が終了する8~18日目くらいまでが痩せやすい時期になり、生理の始まる約1週間前から、生理中の約7日間が痩せにくい・太りやすい時期とされています。

生理後は、エストロゲンの量が増えるため、食欲が抑えられ、代謝が良くなる傾向にあるようです。ストレスを貯め込むこともなくダイエットに向き合え、活発に運動もできるなどまさにダイエットにはピッタリな時期。

逆に、生理前1週間ほど~生理にかけては、「溜め込みホルモン」であるプロゲステロンが増えている時期になるので、食欲の増進やイライラが起こりやすい時期。
我慢できずに食べ過ぎたりどか食いしてしまうのもこのタイミングが多いようです。

さらには、水分を溜め込んでむくむので、ダイエットをしても体重に変化が起こりづらかったりむしろ増えたりすることも…

生理前には身体が重く感じたり、だるくなったりイライラしたりしてなかなか運動や食事制限ができないこともあり、ダイエットにはむかない時期とされているんです。



生理周期を整えることもダイエットには大切

上で紹介したような身体の変化は、生理周期が整っている場合。

しかし、ストレスや体質などで生理周期が乱れていると、痩せやすいホルモンのエストロゲンの量が少なくなったり、プロゲステロンが増えたり分泌される期間が長くなっていることも。
このような状態になるともちろんダイエットにも影響が出てきて、太りやすい状態になることも考えられますし、PMS(月経前症候群)が悪化するなどのリスクも。

アプリなどでの生理周期の自己管理や、気になる場合は婦人科などで診てもらうのも必要です。
最近は生理に悩む女性の症状にあわせたサプリやハーブティーもあるので、そういったものを利用してみるのもいいかもしれませんね。



なぜ生理前や生理中に太らない・痩せるということがあるのか

ここまで見てみると、痩せる=生理後、太る=生理前というイメージになりますよね。
しかし、女性の中には生理前や生理中にも太らない・痩せるタイプの方もいます。

これはいったいどういうことなのか?を考えていくと、もちろん「体質」というものもありますが、盲点だった生理前・生理中の痩せるコツなども見えてきたんです。

生理前や生理中に太らない・痩せる理由や考えられる原因などを紹介してみます。

生理中にむくみがとれて体重が減ったように見える

生理前に増えるプロゲステロンは、身体に水分や脂肪を貯め込むようなはたらきがあります。
ダイエットしてるのに生理前は体重が変わらなかったり増えたりするのは、ほぼ水分によるむくみによるものだと考えられます。

生理に入るとプロゲステロンは減少しますので、人によっては生理中から溜め込んだむくみが抜けていき、体重が減った・食べたのに増えていないと感じるかも。

しかしこれは結局水分量の変化によるもので、食べても脂肪になっていないというわけではないので注意が必要です。

生理がデトックス期間になって太りづらい

生理とは、厚くなった不要な子宮内膜を体外に排出するために起こること。つまり一種のデトックス作用なんですね。
なので、生理中は身体がデトックスモードになり、いらないものを排出しやすくなる人も多いんです。
なので生理に入ると、上で紹介したむくみだけでなく便秘も解消する方もいらっしゃるかもしれません。

溜め込んでいた便や水分を身体から排出することで体重も身体も軽くなるという方も多いようです。



生理前・生理中は代謝がアップしているから痩せやすい

生理前から生理中の時期は、太りやすいからダイエットを頑張っても無駄だと思っていた方も多いと思います。
しかし、実はこの時期の方が体温が上がり、基礎代謝が活発になっているんです。

また基礎代謝の多くが消化吸収や生命維持など内蔵の動きによって消費されていますが、子宮の掃除という役割のある生理にも身体はかなりエネルギーを使うのです。
こういうふうに見れば、生理中は代謝がアップしていると考えてもいいかもしれません。

生理前は体温が上がる、生理中は内蔵(子宮)の動きがあるから代謝が上がる…だから生理前や生理中はだるくなったり疲れやすくなる、ということにも、ある意味痩せやすくなっているということにも納得がいくのではないでしょうか。

体重は増えないし…生理中・生理前の食べ過ぎはOK?

生理前や生理中にどか食いしても、体重は増えないし減る…こんなことが起こると、「じゃあ食べ過ぎもその期間なら大丈夫?」と思ってしまいそうですよね。

しかし、油断は禁物。
前述しましたが、生理中に体重が減った・増えないと感じてもそれはむくみ、つまり身体の水分量の変化によるものが大きいんです。
つまり、「太る」に直結する脂肪にはあまり影響がないかも…

特に生理前は、身体が食べたものを脂肪にしやすくなっていますし、ダイエット中ならとくに食べ過ぎには注意しなければなりません。

とはいえ、生理前~生理中は食欲も増し、ストレスも溜まりやすい時期。
普段食事をがっつり減らすダイエットをしているのであれば、普通の人程度に健康的な食事をとるようにする、せめてどか食いはしないなどのゆるめの食事制限がオススメです。
生理前や生理中、体重が増えないからといってどか食いOKとはなりません!
健康的に、ほどほどに。生理中の食事をコントロールしましょう。



生理前や生理中のダイエットで痩せるには?

それでは、生理前や生理中の期間にオススメのダイエットを成功させるポイントをいくつかご紹介します。

生理前に運動するとより痩せやすい

生理前の時期は体温と代謝が上がっているため、この時期にジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れると代謝が促され、体脂肪をより落とすような効果が期待できます。

そんなにだるくない・できると思うなら、軽い運動を取り入れることで生理前でも痩せられるかもしれませんね。

生理中の冷え対策でダイエット&生理痛の緩和も

生理前は体温が高い時期が続きますが、生理にはいるとがくっと体温は下がり、むくみも手伝って身体が冷えやすい状態に。

こうなると代謝は下がりむくみは悪化し、脂肪燃焼もしづらくなります。
生理中は、厚着したり身体を温める食事をしたりと冷え対策をするのがオススメです。
冷えないようにしてあげることで、生理痛の緩和も期待できますよ。



ストレスとうまく付き合うのがダイエット成功の秘訣

また、ダイエットと深く関わってくるのがストレス。
生理前や生理中はホルモンによる盈虚でも体調不良が原因でもストレスが溜まりやすい時期です。
イライラして辛いだけでなく、ストレスによってどか食いに走ってしまうこともあるかもしれません。

・ダイエットは少しお休みして体重計には乗らない
・食べ過ぎとまではいかなくても普通には食べる
・気分転換に散歩してみる
・アロマを炊いてみたりハーブティーを飲んでみる

などなど、生理中のストレス対策をしてうまくストレスと付き合えるようになると、生理前後のダイエットの結果にも差が出てきますよ。

生理とうまく付き合ってダイエットを成功させよう

今回は、生理とダイエットの関係性や、生理中に太らない・痩せる理由、生理前後にオススメのダイエット方法などをご紹介しました。
女性なら避けられない生理について、正しく知ってうまく付き合っていくことでダイエットも成功しやすくなるかもしれませんね。

この記事をSNSでシェア

コメントする

人気記事

オススメサイト