食べ過ぎてしまう原因と食べ過ぎを防ぐ簡単な方法|ストレスや食べ物に注意

ダイエットしなきゃと思っているのについつい食べ過ぎてしまう…そんな自分への危機感や罪悪感を持っていませんか?
今回は、ついつい食べ過ぎてしまう原因や、食べ過ぎを防ぐ簡単な方法、食べ過ぎを防止する効果のあるサプリやダイエット食品なども紹介してみます。
食べ過ぎてしまうことにお悩みならぜひチェックしてみてくださいね。

目次
ついつい食べ過ぎてしまう…どうして?やめられる?
食べ過ぎてしまう原因は?メンタル面だけの問題じゃないかも
・食事のリズムが整っていない
・食事からの栄養が足りていない
・ストレスがたまっていると食べ過ぎてしまう
・睡眠不足で食べ過ぎてしまう
・女性ホルモンのバランスで食べ過ぎる
食べ過ぎを防ぐオススメのサプリ3つ。食欲抑制効果あり!
食べ過ぎてしまうなら…生活や食べ物をもう一度見直そう

ついつい食べ過ぎてしまう…どうして?やめられる?

今日は少しにするつもりだったのにお腹いっぱいまで食べ過ぎてしまう
さっきご飯を食べたばかりなのに、お菓子やデザートを探してしまう…

ダイエットを考えている方ならとくに、「食べ過ぎてしまう」ということに危機感をもちますよね。
または、罪悪感のようなモヤモヤもあるかもしれません。
食べ過ぎてしまうことで当然のように体脂肪や体重も増えてしまいます。

実際、食べ過ぎてしまうということはただ意志が弱いだけ、ということではないんです。
今回は、つい食べ過ぎてしまう原因を探り、そこから食べ過ぎを防ぐための簡単な方法を紹介してみます。

食べ過ぎ防止に役立つサプリやダイエット食品もいくつか紹介してみますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



食べ過ぎてしまう原因は?メンタル面だけの問題じゃないかも

まずは、代表的な食べ過ぎてしまう原因と、それぞれの対策方法について挙げてみます。
メンタルの問題だけでなく、さまざまな身体の問題が食べ過ぎという形で現れているのかもしれません。

食事のリズムが整っていない

食べすぎてしまう方のひとつの特徴として、「朝食を抜いている」「夕食が遅い」など3食のリズムが崩れてしまっていることがあります。
「食事の時間」「それ以外の時間」という境目が薄れることで、ダラダラ食べや間食の原因に。
また、血糖値の急上昇や低下の原因になり、太りやすくもなってしまいます。

だいたい決まった時間に3食を、多すぎず少なすぎずの量で食べる。
これだけで血糖値も安定しやすくなり、おなかがすきすぎたり、間食を防ぐことに繋がります。

食事からの栄養が足りていない

食欲が止まらない、○○が食べたい!という具体的な欲求が浮かぶ…こんなとき、実は身体に栄養が足りていないのかも。
特に脂質制限や糖質制限などの食事でのダイエットをしている場合、身体が「この栄養が足りていない!」という状態になり、結果暴飲暴食に走ってしまうなんてことも。

食事制限をしている場合は、栄養不足にも気を配って。
栄養ドリンクやサプリで身体の栄養バランスを保つことも食べ過ぎ防止の効果が期待できます。

★一杯で1日分に必要な栄養のほぼ全てが摂取できるドリンク★



ストレスがたまっていると食べ過ぎてしまう

ダイエットや、仕事・プライベートでのストレスが溜まっていると、脳はコルチゾールとよばれるストレスホルモンを出します。
ストレスからコルチゾールが分泌されると、身体はストレスで受けたダメージを回復するために栄養を欲し、これが食べ過ぎにつながることもあるのだとか。

食べ過ぎだけでストレスを発散せず、運動や入浴、カウンセリングなどのストレス解消方法を見つけましょう。

睡眠不足で食べ過ぎてしまう

食欲を司るホルモンに、胃から分泌され食欲を増進させるはたらきのある「グレリン」と、満腹感を感じさせるはたらきのある「レプチン」があります。
グレリンは別名肥満ホルモン、レプチンや痩せホルモンと呼ばれているんです。

このレプチンとグレリン、実は睡眠にかなり左右されるんです。
睡眠時間が短くなることで、グレリンの分泌量は増え、レプチンは減ってしまうといわれています。

8時間睡眠と5時間睡眠で比較すると、5時間睡眠の方が約15%グレリンが増え、約15%レプチンが減ってしまったそうです。
つまり、睡眠不足が続くことで、おなかが空いて食べ過ぎになりやすく、しかも満腹になりにくくなってしまうということ。

しっかり眠ることで、肥満ホルモングレリンが減り、痩せホルモンレプチンを増やすことができます。

睡眠不足は、ダイエットだけでなく美容や健康にもよくありませんので、食べ過ぎが気になるなら特に、毎日しっかり眠ることを心がけましょう。



女性ホルモンのバランスで食べ過ぎる

女性であれば、月経周期や女性ホルモンの乱れで食べ過ぎが起こっている可能性もあります。
とくに、生理前には食欲やイライラが止まらず、ついつい食べ過ぎる方も多いのではないでしょうか。

生理前の食べ過ぎは黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌され、身体が栄養や水分をためこもうとすることが原因の一つだといいます。
この食欲の暴走やストレスがひどくなると、PMS(月経前症候群)として治療を考えた方がいいということも。

生理不順であるなら、健康的な食事と睡眠、ストレスケアなどを行い女性ホルモンを整えていくのがオススメです。
女性ホルモンを整える作用のあるハーブティーなどを取り入れることで、生理前の食べ過ぎを抑えることができたという経験談も多いようですよ。



食べ過ぎを防ぐオススメのサプリ3つ。食欲抑制効果あり!

ここからは、ついつい食べ過ぎてしまう…というお悩みをもつ方にオススメのサプリを3つご紹介します。
どれも食欲の暴走を抑えたり、満腹感を感じやすくさせてくれる作用があるため、本気で食べ過ぎを治したいならぜひ試してみてくださいね。

食べ過ぎ防止サプリ:夜ふかしさんのためのダイエットサプリ

夜ふかしさんのためのダイエットサプリは、そのネーミングの通り睡眠不足気味の女性にこそオススメのダイエットサプリです。



夜ふかしをすることで、ホルモンバランスが崩れると食欲増進ホルモンが増えてしまい、満腹感を感じさせ食べ過ぎを防ぐ痩せホルモンは減少することがわかっています。
夜ふかしさんのためのダイエットサプリは、減ってしまった満腹痩せホルモンを増やしてくれる「酵母ペプチド」を配合し、食べ過ぎや食欲の暴走をサポート。

さらに、夜ふかしで減る筋肉をキープするためのプロテイン成分や脂肪の代謝を高めるビタミンB群、質のいい睡眠をサポートするGABAなども入っています。
忙しくて睡眠時間を充分にとれなくても、ストレスなくダイエットするために。
夜ふかしさんのためのダイエットサプリは選ばれています!

食べ過ぎ防止サプリ:フルベリ

フルベリは、今ダイエッターに注目されている新成分、「アフリカンマンゴー」をはじめとしたダイエットに効果のある成分をぎゅっと詰め込んだサプリです。



フルベリに含まれるフリカンマンゴーは、今ダイエット先進国アメリカで大人気になっている成分。
レプチンの分泌をサポートし、活性化するような効果があることが研究によって認められているため、食欲を抑え食べ過ぎを防止し、さらに脂肪燃焼効果を高める効果があることがわかっています。

食欲をおさえ食べ過ぎを防止するアフリカンマンゴーだけでなく、酵素やダイエット効果の高いベリー類、乳酸菌などをたっぷり含んだフルベリ。
食欲をおさえながらキレイに痩せたいのであればオススメのサプリです。

食べ過ぎ防止サプリ:カロリナ酵素プラス

カロリナ酵素プラスはお腹のダイエットに重要な「余計なものをカット&ブロックして太らせない」「必要な成分を補って痩せやすい身体にする」というステップをしっかり抑えたダイエットサプリメント。



最大の特徴は、ガーシトリン(ガルシニアカンボジア抽出物)がダイエット効果が出せる推奨量きちんと配合されていること!
ガルシニアカンボジアは空腹感をおさえ満腹感を感じさせながら、体脂肪や糖質にしっかりアプローチする成分であることで知られています。

また、カロリナ酵素プラスにはガルシニアカンボジアだけでなく、食事の油分に吸着・排出して吸収を抑える特許成分「リポサンウルトラ」や、恋している状態をつくりだし食欲抑制や美容にはたらきにかける「レプチコア」などの特許成分もたっぷり配合されています。

さらに、酵素やサラシア・ギムネマなど、ダイエットにほしい成分がぎっしり!
ガーシトリンとレプチコアのWの食欲抑制効果にくわえ、リポサンウルトラの吸着&排出ダイエット効果も得られるカロリナ酵素プラスは、食べ過ぎやダイエットに悩む方にはオススメのサプリです。

食べ過ぎてしまうなら…生活や食べ物をもう一度見直そう

「ついつい食べ過ぎてしまってるな」「この食べ過ぎやばいかも…」そう思ったら、どうして食べ過ぎてしまっているのか?
どうしたら食べ過ぎずにすむのか、もう一度自分の生活や食事を見直してみるのが大切です。食べ過ぎを防止しながら、ダイエットを成功させましょう。

この記事をSNSでシェア

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

人気記事

オススメサイト