使うなら自己責任で!日本で手に入る痩せる薬やサプリメントなど痩せる薬まとめ

( 更新)

8682_m_wi1

もはや、痩せるためには市販のサプリメントじゃもの足りない!痩せる薬ってないの…?とお思いのみなさん。
今回は、痩せる薬や薬並みに効果のあるとされるサプリメントなどを紹介していこうと思います。
日本で手に入れられるものが中心なので、是非チェックしてみて下さいね!

目次
痩せる薬ってあるの?痩せる薬を試すときの注意点
油をそのまま体外に排出する!「ゼニカル」
糖質を吸収抑制する痩せる薬「アカルボース(グルコバイ)」
天然成分なのに痩せる薬なみの効果アリ!「BBXサプリメント」
肥満外来で処方される最強の痩せる薬「サノレックス」
痩せる薬を日本で手に入れるには…?
痩せる薬は「湘南美容外科」で手に入るかも!
痩せる薬と上手につきあってダイエットを成功させよう

痩せる薬ってあるの?痩せる薬を試すときの注意点

915933_88480548

サプリメントというと、どうしても健康補助食品というだけあって、すぐにガツンと痩せる薬とはいえない…
もっと効き目の強い、痩せる薬があるのなら飲んでみたい!と思われる方って、実はけっこういらっしゃるようです。

結論から言えば、痩せる薬(医薬品)というものは存在します。
今は、成人病を防止するための肥満治療を行う、肥満外来のある病院も増えていますし、美容クリニックなどではサプリメントを超えた医薬品としての痩せる薬を扱うことも多いです。

やはり痩せる薬となると、普通のサプリメントよりは高額になりますが、そのぶん効果は出やすいと思います。

しかし、効き目が出やすいということはそのぶんなんらかの副作用が出るようなこともあります。
痩せる薬を紹介すると一緒に、副作用などもご紹介していきますので確認して、もし痩せる薬をダイエットに使うのならあくまでも自己責任で使うようにしましょう。

痩せる薬をいくつか紹介したあと、実際に日本で手に入れるにはどうしたらいいかというところまでこの記事で紹介していきますので、最後までチェックしてみて下さいね!

油をそのまま体外に排出する!「ゼニカル(オルリスタット)」

006658_xenical42c

ゼニカル(オルリスタット)とは、脂肪の吸収を抑えて肥満を予防・治療する薬です。肥満治療の現場でも使われている痩せる薬になります。
痩せる薬としての世界売り上げランキングトップクラスであり、審査が厳しいと言われる米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けていますので、効果・安全性ともに高い薬です。

hqdefault (4)

ゼニカルは、脂肪を吸収しやすくする消化酵素「リバーゼ」を抑制する働きがあるので、脂肪分を吸収させず、そのまま排出を促します。
食事からとる脂肪分の30%をカットできるとされており、揚げ物や脂肪分の多い食事が好きだという人にはかなり有効的な痩せる薬だとされています。

副作用としては、排便の回数が増えたり、下痢をしたり、おならの回数が増えるといったものが報告されています。
肛門から油がそのまま出てくるので、酷いときには、生理用ナプキンを着用することをお勧めします…

toilet_03

痩せる薬、ゼニカルは1カプセルを1日3回、食前か食後1時間以内に服用します。
脂肪分の吸収を阻害することにより、脂溶性ビタミンが不足する可能性があるので、ビタミンA、D、E、Kを積極的に摂取するようにしましょう。

糖質を吸収抑制する痩せる薬「アカルボース(グルコバイ)」

858c2f9e-778c-4bf1-baeb-4a32c5ff14f7

アカルボース(グルコバイ)という名前で知られる薬もまた、痩せる薬だとされています。
アカルボース(グルコバイ)は1993年から発売されているお薬で、糖尿病の治療薬として用いられています。
糖尿病の治療薬とはされていますが、副作用などがあまりなく、ダイエット効果も認められているため美容クリニックなどでは痩せる薬として処方されています。

0-98

この種類のお薬は、食物中の糖分が腸から吸収されるのを抑えるはたらきを持ち、この作用から血糖の上昇を抑えてくれます。

食事から摂取した糖質は、身体に吸収される際に、ブドウ糖となって急激に血糖値を上げます。
血糖値が上がると、それを安定させるためにインスリンという物質が分泌されるのですが、このインスリン、糖質を脂肪として貯めこむはたらきがあるのです。
血糖値の上昇のしかたが急であれば急であるほど、インスリンも過剰分泌され、脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。
この、糖質の摂取→インスリンの過剰分泌というのが脂肪がつく最大の原因とも考えられているんです。

20110122182235

アカルボース(グルコバイ)は、炭水化物をブドウ糖に分解する酵素のはたらきをじゃまして、ブドウ糖が体内へ吸収されるスピードをゆっくりにしてくれます。
これにより、血糖値が急に上がらず、インスリンが過剰に分泌されることがなくなり、糖質を脂肪にしにくくするんです。
痩せる薬というより、太りにくくする薬といった感じですね。しかし、血糖値をコントロールするだけで糖質自体は摂取したぶん吸収されますので注意しましょう。

3969003F2081_006

実際、炭水化物の多い食事をする際食前にアカルボース(グルコバイ)を飲んでおくことでその後ほとんど体重が増えていないというような効果が認められています。
大きな副作用は報告されていませんが、飲み始めにはおなかがゆるくなる、軟便になることがあるようです。

天然成分なのに痩せる薬なみの効果アリ!「BBXサプリメント」

ダウンロード (91)

BBXは、天然原料を用いた食欲抑制サプリメントです。
化学物質などが配合されていないので、痩せる薬というわけではないのですが、その効果は薬なみで、日本国内の美容クリニックで実際に処方されています。
モデルさんがよく飲んでいると噂になったサプリメントです。

ウェストにメジャーを巻いた日本人女性

BBXサプリメントは、摂取カロリーを約50%カットしてくれるとされています。
人は、イライラしたり、ストレスが高くなると「コルチゾール」という物質が分泌されて食欲が増強しやすいといわれています。

BBXダイエットサプリメントは、ストレスによって高くなる「コルチゾール」を整えて食欲抑制効果を発揮します。
BBXダイエットサプリに配合されている「L-テアニン」や「L-テアニン」によってコルチゾール値のバランスを整え、 ストレスを低下させ空腹感をコントロールすることができるのだとか。

Angry woman tearing her hair

ストレスの増加は脂肪が付きやすくなり、太りやすい原因となります。
BBXサプリメントは、代謝が悪い人やストレスなどを抱えやすい人には、特にオススメできる痩せる薬なみの効果のあるサプリメントです。

1日1錠~2錠を服用するようにしましょう。1日1錠の服用場合は、昼食か夕食の約30分前に服用します。
運動や食生活の改善などのダイエットと併用してBBXダイエットサプリを服用すると効果的です。
大きな副作用などはないとされていますが、服用し始めはお腹がゆるくなることがあるので、注意して下さい。

肥満外来で処方される最強の痩せる薬「サノレックス」

fd64b3fbe743bf69fb77ce85f1db6ec3

サノレックスは肥満治療薬として日本で承認・発売されているお薬です。
作用としては、「食欲中枢の抑制」と「満腹中枢の刺激」の結果、食欲を抑えて食べる量を減らすことができ、痩せる薬だとされています。

サノレックスは一部のダイエッターからは、一番効く最強の痩せる薬などとも呼ばれています。
しかしサノレックス痩せる薬というより、食欲をなくす薬ととらえた方がいいかもしれません。

shutterstock_151886987

サノレックスのみを服用していれば痩せるという訳ではなく、痩せるための食事や運動療法を始めるにあたって、少ない食事で我慢するための習慣を付けたり、その習慣の維持・継続するために使用します。
薬の効果には個人差が見られますが、体重減少に関しては食事・運動などの習慣の方が大きく影響します。

サノレックスは1日1錠から始めて、昼食前に服用します。
ライフスタイルなどに合わせて処方されたクリニックで医師と相談して服用するタイミングを変えてもいいでしょう。

痩せる薬として有名なサノレックスには依存性があるので、服用期間は最長で3ヶ月です。
サノレックスの軽度なものまで含めた副作用は21.4%に見られます。喉の渇きや便秘、吐き気などが見られることがあります。

sanoregus01

効く人には本当に効くので、食欲がなくなりすぎて何も食べられず、病気になってしまうというようなこともあり得ます。
サノレックスと付き合うときには医師と相談しながら無理のない程度に使用するようにしましょう。

痩せる薬を日本で手に入れるには…?

images (49)

痩せる薬というと、肥満治療最先端のアメリカなど、海外の方が研究が進んでいることは間違いありません。
なので、ここでご紹介する痩せる薬も海外製のものが多いです。

じゃあ手に入れられない?と思われるかもしれませんが、
ここで紹介した痩せる薬は日本の美容クリニックでも扱うものなので、処方してもらおうと思えば貰えるものばかりです。

ダウンロード (8)

肥満外来でも処方して貰えるものはありますが、肥満外来はBMIが30以上など、重度の肥満と診断されなければこういった痩せる薬を貰うのは難しいとされています。
なので、日本で確実に痩せる薬を手に入れたければ美容クリニックに行くのが一番手っ取り早いです。

痩せる薬は「湘南美容外科」で手に入るかも!

h1015995_01

ここで紹介した痩せる薬は、美容クリニックでは扱っていることが多いのですが、
湘南美容外科という全国展開しているクリニックでは全て扱われているようです。
(店舗によっては扱いがないところもあるので、公式サイト・問い合わせでの確認が必要です)

湘南美容外科は、肥満やダイエットに悩む方の味方になってくれるクリニックですので、安心して受診することができると思います。
実際に、筆者は湘南美容外科クリニックでゼニカルとサノレックスを処方してもらっていますよ^^
診察も親切ですし、要望も聞いてもらえるので、痩せる薬が欲しい!と思ったときはまず湘南美容外科クリニックを訪ねてみてはいかがでしょうか。

公式サイトから痩せる薬の情報を探すときは、ページ最下部のクリニック案内はこちらからをクリニックして移動したページの、メニューからダイエット外来を選ぶと確認できます。
気になる痩せる薬の価格なども確認できますよ!

痩せる薬と上手につきあってダイエットを成功させよう

薬を飲む女性

痩せる薬は確かに存在しますが、中には副作用のあるものや、飲むときに注意のいるものもあります。
あくまでも薬ですので、使い方に気をつけながら、あなたのダイエットに痩せる薬を役立てて下さいね!

この記事をSNSでシェア

コメントする

人気記事