杜仲茶(とちゅうちゃ)って知ってる?めっちゃ痩せるらしい

( 更新)

6d632bfc7af61d7ea4dc24f7736b7e84_s

ドラッグストアやスーパーで、杜仲茶って見かけたことありませんか?杜仲茶(とちゅうちゃ)とは1980年代に日本で生まれ、1990年代にテレビで健康茶として紹介され一世を風靡したお茶です。この杜仲茶でダイエットするのが再ブームとしてキそうなんだとか。

目次
杜仲茶って?
なぜ杜仲茶で痩せるの?
健康にもいい杜仲茶の飲み方は?
杜仲茶はお近くのドラッグストアで手に入る

杜仲茶って?

0000000701

杜仲という植物(ゴムの性質があり、ちぎるとねばっとしています)をお茶にしたものです。内臓脂肪、中性脂肪を減らす作用がわかっており、血圧をコントロールするトクホ(特定保健用食品)第一号にも認定されました。
味はプーアール茶とウーロン茶を混ぜたような味だとか、少し甘みがあるなどと言われています。飲みやすさには定評があるようです。

なぜ杜仲茶で痩せるの?

杜仲茶に含まれる「アスペルロシド」という成分が重要。この成分が胆汁酸という消化液を増やすとされています。胆汁酸とは、腸で分泌される消化液で脂肪燃焼を指示するホルモンのような働きがあります。つまり、血中の胆汁酸が増加することで、脂肪が燃焼されるということ。
脂肪には「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」という二種類があります。白色脂肪細胞は熱を生み出さず脂肪を貯めこみますが、褐色脂肪細胞はその逆。溜まった脂肪を燃やすはたらきがあります。この褐色脂肪細胞の燃焼スイッチをオンにする物質が「胆汁酸」です。

杜仲茶を飲む→胆汁酸が増える→褐色脂肪細胞が活発になる→脂肪が燃える というわけですね!茶葉6gを煮だした杜仲茶を飲めば、なんとウォーキング一時間分と同じくらいの脂肪燃焼効果が得られるんだとか…運動嫌いさんは飲むしかない!
「胆汁酸ダイエット」という名前で取り組んでいる方も多くいらっしゃいます。

健康にもいい杜仲茶の飲み方は?

脂肪分、カロリー、塩分ゼロの杜仲茶。ノンカフェインなので、こどもや妊婦さん、お年寄りにも飲むことができます。夏はアイスで、冬はホットで。焼酎やウィスキーを割ったり、甘みが欲しければ蜂蜜を混ぜたり、麦茶や他のお茶とブレンドしたり、ミルクに煮出してチャイ風にしてみたりと自由に楽しめます。杜仲茶自体にあまり癖がないので普段から取り入れやすいと思います。

杜仲茶はお近くのドラッグストアで手に入る

飲みやすく、有効成分は多く含まれることでクチコミ人気なのが小林製薬の杜仲茶。濃いタイプやペットボトルタイプもあります。お値段もお安くなっているので手が届きやすいですね!

index_photo_01

この記事をSNSでシェア

コメントする

人気記事